top

2018 Nov. 6

新しいホテル

ハワイを代表するラグジュアリーホテル「Halekulani/ハレクラニ」が、沖縄の恩納村に「ハレクラニ 沖縄」を2019年7月26日に開業する。

ハレクラニ 沖縄

「Halekulani」は、1917年の創業以来100年にわたり、ワイキキのビーチ前という最高のロケーション、不変のエレガンス、温かなおもてなしで、数えきれないほどのリピーターを迎えてきた。「ハレクラニ」とはハワイ語で「天国にふさわしい館」を意味し、その名の通りゲストが心から愉しめる時間を提供している。

Halekulani
Halekulani
Halekulani

その「ハレクラニ」の2つ目となる「ハレクラニ 沖縄」の誕生の舞台となるのは、国内屈指の美しいビーチをもつ沖縄本島の恩納村。このリゾートは全長約1.7kmにわたり海岸線に接し、360室すべてがオーシャンビュー。窓の外にはエメラルドグリーンに輝く海と白砂のビーチが絵画のように広がる。沖縄海岸国定公園内に位置し、豊かな自然を有するその情景はまさに楽園と呼ぶに相応しい。

恩納村

ビーチリゾートでありながら豊かな沖縄の樹々に囲まれ、波音が聴こえると同時に煌めく海と緑が目に飛び込むロケーションは、到着した瞬間に日常から完全に隔絶され、心安らぐ気持ちになれること間違いない。

施設は、全体で約8万7,000平方メートルもの広大な面積を誇り、ランドスケープデザインを担当したのは世界のビーチリゾートホテルで多くの実績を誇るベルト・コリンズ社。滞在するすべてのゲストが静寂に包まれながら自然を愉しめるよう、ゆとりある空間づくりを徹底した。また、360室ある客室は、全室50平方メートル以上、なかでも47室は優雅で洗練されたスイートで、さらに5棟はプライベートプールと天然温泉を備えたヴィラとなっている。

ハレクラニ 沖縄

施設全体のインテリアデザインを手掛けたのは、エレガントなデザインで定評のあるシャンパリモーデザイン社。ハレクラニのアイデンティティを継承した「セブンシェイズホワイト」をテーマとした客室は、「七色の白」を基調とした気品あるシンプルな色調が窓の外の絶景を際立たせる。

ハレクラニ 沖縄

ホテル内には、オールデイダイニング、フレンチをベースに素材の力を引き出したシェフのオリジナリティ溢れる料理のイノベーティブ、ステーキ&ワイン、日本料理の4つのシグネチャーレストランを開設。地元沖縄を始めとする日本各地の素材の力を最大限に引き出し、ここでしか食べることの出来ない、オリジナリティに溢れるメニューの数々が愉しめる。イノベーティブには、ミシュラン2つ星「フロリレージュ」シェフの川手寛康がコンサルティングシェフに就任する。

ハレクラニ 沖縄

他にも、白砂輝くビーチと「ハレクラニ」の象徴オーキッドマークを約150万枚のモザイクタイルで表現したプールなど、タイプの異なる屋内外5つのプール、天然温泉を利用した温浴施設を備えた国内トップレベルのスパなど、充実した施設構成により、これまでにない多彩でラグジュアリーな滞在体験を提案。

ハレクラニ 沖縄
ハレクラニ 沖縄

「ハレクラニ 沖縄」は、「ハレクラニ」が築いてきた伝統と精神を継承しつつ、豊かな自然、文化など、沖縄の魅力を存分に生かすことで、唯一無二のラグジュアリーリゾートを目指していく。

無印良品は、日本初となる「MUJI HOTEL GINZA」、およびレストラン「MUJI Diner」を併設した世界旗艦店「無印良品 銀座」を、2019年4月4日に開業予定。

無印良品 銀座

無印良品が取り扱う衣・食・住という生活の基本の中でも、「食」は最も基本的な営みであり、なくてはならない領域。しかしながら、都市生活者にとって、生産現場である畑や農場、漁場は遠い存在となり、食べ物は単に商品として消費されるものとなった。

世界旗艦店「無印良品 銀座」では、「食」に関する商品・サービスをこれまで以上に拡大することで、人々が生産者や生産現場に想いを馳せ、食べ物と人との関係を再度見つめなおすきっかけとなることを目指す。

無印良品 銀座

東京近郊の農家との繋がりによる産地直送をテーマとした青果や、新鮮なフルーツを使ったジュースやデザートの販売を1階フロアにて行い、その場で食すことができるカウンターを設置。加えて、グリーンティやルイボスティーなどの茶葉と、その場で選んだスパイスやフルーツを組み合わせられるお茶の量り売りサービスの導入を予定している。

また、「素の食」をテーマとするレストラン「MUJI Diner」を地下1階で展開。サラダカウンターや旬の魚介、肉料理、ジビエなどを使った一品料理を用意し、1人でも、家族や仲間とのグループでもくつろげる空間を提供する。

「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、ちょうど良い価格で良く眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを提供する「MUJI HOTEL」。世界旗艦店の上層階に同時開業する「MUJI HOTEL GINZA」は、中国の深セン、北京に続く3ヶ所目。6階にフロントを設置し、7階から10階で79部屋の客室を提供。

MUJI HOTEL

ホテルフロントと同じフロアである6階には、複合的なデザイン文化の発信基地「ATELIER MUJI GINZA」を展開。ものづくりやデザインにまつわる様々なテーマから展示を企画する2つの「Gallery」、美味しいコーヒーやお酒を飲みながら人が語らい集う「Salon」、デザイン・アート関連の書籍をそろえた「Library」、トークイベントやワークショップを開催する「Lounge」のコーナーをそれぞれ設け、無印良品が考える未来を見据えたメッセージを発信する。

無印良品 銀座

なお、現在の世界旗艦店である「無印良品 有楽町」は、12月2日をもって閉店。新しい世界旗艦店「無印良品 銀座」との間に位置するマロニエゲート銀座2の1階で、12月12日から約3ヶ月間、ポップアップストアを展開。無印良品の約7000アイテムを代表する、くらしの基幹アイテムを中心に販売することに加え、「無印良品 銀座」でスタートする新たなサービスを紹介する。

一方、「禅」をテーマにしたカプセルホテル「hotel zen tokyo/ホテル ゼン トーキョー」が、2019年2月に東京の日本橋人形町にオープンする。

hotel zen tokyo

「泊まれる茶室」をコンセプトに、各部屋を千利休の茶室に見立てた「hotel zen tokyo」。各カプセルは、千利休が16世紀後半に生み出した茶室の傑作である「妙喜庵(待庵)」を21世紀的に再解釈してデザインした和モダンな空間が特長。 客室タイプは全部で5種類で、部屋の種類によって異なるベッドサイズ(シングルまたはセミダブル)、面積、デザインを採用。

hotel zen tokyo
hotel zen tokyo

うち3種類は茶室カプセル型で、残りの2種類はより広々とした空間に、コンクリートと木の素材をフル活用したコーナールーム。全室に共通して天井までの高さを2.2mに設定することで、カプセルホテル特有の閉塞感や窮屈さを軽減している。

また、約300平方メートルの広々とした共用スペースには、仕事や出張時に便利なワークラウンジやランドリールーム、朝食、カフェ、バーと時間帯毎に異なるサービスを提供するカフェバーなどを設置する。

hotel zen tokyo
hotel zen tokyo

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop