top

2018 May. 13

実写版映画あれこれ

ディスニーのアニメーション映画「Dumbo/ダンボ」が、ティム・バートン監督で実写化。全米公開は、2019年3月29日。日本でも同年内の公開が予想される。

Dumbo

1941年にディスニーによって生み出された「ダンボ」は、その映画のタイトルにもある「ダンボ」が主役のアニメーション映画。大きな耳をからかわれてしまう象の赤ちゃんダンボだが、その大きな耳で空を飛べることを知り、やがてダンボはサーカスの花形スターとして活躍することになる。

Dumbo

自分らしさを見つけること、自分らしくいることの大切さを伝えてくれる物語は、子供からオトナまで、今も変わらず世界中で愛されている。そんな名作が、「アリス・イン・ワンダーランド」のファンタジックな世界を見事にスクリーンの中で表現した、鬼才ティム・バートンの手により実写化されるだけに期待大。

Dumbo

「ダンボ」は、ティム・バートン自身がお気に入りのディスニー映画の1つだったという。今回は物語の芯となる部分は変えず、新たなストーリー制作へと挑む。

Dumbo

キャストには豪華な面々が揃った。「ハリー・ポッター」新シリーズにも出演するコリン・ファレル、「スパイダーマン:ホームカミング」のマイケル・キートンらに加え、ダニー・デヴィート、エヴァ・グリーン、ニコ・パーカー、フィンリー・ホッビンズらも出演が決定している。

Dumbo

また、2019年5月に全米公開を予定しているのが、アニメーション映画「ALADIN/アラジン」をガイ・リッチー監督の実写化版。

Guy Ritchie

1992年、ディズニーが製作したアニメーション映画「アラジン」は、ユーモア溢れるストーリー展開だけでなく、アカデミー歌曲賞を受賞した「ホール・ニュー・ワールド」をはじめとする音楽でもお馴染み。そんな誰もが知る名作を、ミュージカル映画として実写化する。

ALADIN

主人公は、アグラバーの街で相棒の猿のアブーと貧しい暮らしを送る青年アラジン。彼は、無理やりに結婚をさせられそうになり、王宮を抜け出した王女ジャスミンと出会い、恋に落ちる。

2人のロマンチックな時間を過ごしていると、遣いのものたちが現れ、彼女をさらった盗賊としてアラジンを牢屋に閉じ込めてしまう。しかし、それは王国の支配を企む国務大臣ジャファーの企み。洞窟の奥にある不思議な魔法のランプを手に入れたかったジャファーは、魔法の洞窟に入ることのできる選ばれし人物アラジンにそのランプを取ってこさせるように命令したのだった。洞窟の中で出会った魔法の絨毯の協力もあり、ランプを手に入れることはできたものの、ジャファーに裏切られたアラジンは洞窟の中に閉じ込められてしまった。しかし、相棒アブーのおかげでランプはアラジンの手元に。汚れたランプをこするとおこから魔人ジーニーが現れて…。

ALADIN

「コードネーム U.N.C.L.E. 」や「キング・アーサー」を手掛けてきたガイ・リッチーがメガホンを取り、そして、脚本は、「チャーリーとチョコレート工場」や「ビッグ・フィッシュ」のジョン・オーガストが担当。両者がどのような新生アラジンを世界に送り出してくれるのか、今から楽しみだ。

なお、主人公のアラジン役にはエジプト出身でカナダ育ちの新人俳優メナ・マスードがキャスティングされた。日本では無名に近い彼は、これまで海外ドラマや短編映画に出演。今回のアラジン役に大抜擢。そして、アラジンと恋に落ちる王女ジャスミン役には、英歌手・女優のナオミ・スコットを起用。さらに、ランプの魔人ジーニー役はウィル・スミスに決定。

ALADIN

全米公開が2019年7月19日に予定されているのが、「ライオン・キング」の実写映画版。「ライオン・キング」は、1994年6月に公開されたディスニーによる長編アニメーション映画。ディズニー・ルネサンスと呼ばれる時期に作られた作品のうちの1本。

ライオン・キング

動物たちの王国、大自然に恵まれたプライド・ランドを舞台に動物たちの生きざまを描くストーリー。

LION KING

今回、約25年の時を経て実写化が実現。「ジャングル・ブック」を手掛けたジョン・ファヴロー監督のもと、最新の映画製作技術を駆使して、サバンナで繰り広げられる壮大な物語をスクリーンへと投影する。

LION KING

主人公シンバ役は、リドリー・スコット監督作「オデッセイ」などのドナルド・グローヴァーが務める。また、シンバの父ムファサ役にアニメーション版でも同役を務めたジェームズ・アール・ジョーンズ、シンバの幼馴染みであるナラ役にビヨンセ、そして、シンバの叔父にあたり、この作品の悪役となるスカー役に「それでも夜は明ける」などのキウェテル・イジョフォーが決定している。

LION KING

その他、シンバの母サラビ役アルフレ・ウッダード、ラフィキ役ジョン・カニ、プンバァ役セス・ローゲン、ティモン役ビリー・エイチュナーが起用される。

さらに、ディズニーは1964年に公開したミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の続編を約半世紀ぶりに制作し、「Mary Poppins Returns/メリー・ポピンズ・リターンズ」として、2018年12月25日に全米公開を予定。

Mary Poppins Returns

なお、日本公開日は現在未定。

大恐慌時代のロンドンを舞台に、雲の上で暮らす魔法の使える家庭教師メリー・ポピンズと、バンクス家の人々の交流を描いたミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の誕生は、約半世紀前まで遡る。主演にジュリー・アンドリュースを迎えた作品は、米アカデミー賞で主演女優賞はじめ5部門を受賞。それ以後も変わらず世界で愛され、日本では平原綾香を主役に迎えた舞台公演も行っている。

Mary Poppins

続編のメリー・ポピンズ役には、「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントが抜擢。また、彼女の友人ジャック役としてリン=マヌエル・ミランダが登場する。また、バンクス家の人々にも豪華俳優陣が揃い、「キングスマン」のコリン・ファースが父親役を務めることが決定している。

Mary Poppins Returns

今回の作品でメガホンを取るのは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」や「イントゥ・ザ・ウッズ」で監督を務めたロブ・マーシャル。過去、ミュージカル映画では「シカゴ」なども手掛けている監督。

Mary Poppins Returns

そして、脚本は「ネバーランド」で米・英アカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされたデヴィッド・マギーが担当。作品に欠かせない音楽は、「ヘアスプレー」のマーク・シャイマンとスコット・ウィットマンが手掛けることになっている。

また、ディズニーはチャイコフスキー作曲のバレエ作品として知られる「くるみ割り人形」を映画「The Nutcracker and the Four Realms(原題)」として実写映画化する。

The Nutcracker and the Four Realms

「くるみ割り人形」は、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」と並び、チャイコフスキーが作曲したバレエ作品として知られており、原作は1816年にドイツのE.T.A.ホフマンが発表した小説「くるみ割り人形とねずみの王様」。主人公のクララが、母親からの贈り物を開けるための鍵を探しに不思議なパラレルワールドを旅するストーリー。

The Nutcracker and the Four Realms

実写版では、主人公のクララ役を「トワイライト」シリーズに子役として出演していたマッケンジー・フォイが演じる。さらに、クララに人形を贈る老人ドロッセル・マイヤーにモーガン・フリーマン、クララが訪れる王国を支配するマザー・ジンジャーにヘレン・ミレン、その王国でクララを迎えるシュガープラム・フェアリー(金平糖の精)にキーラ・ナイトレイが起用された。

The Nutcracker and the Four Realms
The Nutcracker and the Four Realms
The Nutcracker and the Four Realms
The Nutcracker and the Four Realms
The Nutcracker and the Four Realms

「僕のワンダフルライフ」や「ショコラ」のラッセ・ハルストレムがメガホンを取り、全米公開は2018年11月2日を予定している。なお、日本公開日は未定。

余談ながら、ディズニー映画ではないが、映画「ピーターラビット」が、今週の金曜日、5月18日に公開される。

Peter Rabbit

全世界36の言語でシリーズ累計1億5000万部のベストセラー絵本、ビアトリクス・ポター原作の「ピーターラビット」。そんな作品がハリウッドで初めて映画化された。

舞台は豊かな自然に溢れるイギリスの湖水地方。元気いっぱいイタズラ好きで、青いジャケットがトレードマークのうさぎピーターは、美しく心優しい女性ビアとともに暮らしている。その隣に、大都会ロンドンから少し神経質な男性マグレガーが引っ越してきたことから、ピーターの生活は一変。両親を亡くしたピーターにとってビアは心を許せるたった1人の女性だったが、マグレガーも美しくてピュアなハートを持つビアに次第に惹かれていき、ピーターとマグレガーは突如ライバルに…。

Peter Rabbit
Peter Rabbit
Peter Rabbit

今までの幸せを守りたいピーターと、動物を追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレートしていく。さらに、ビアへの「恋心」も絡まって予想外の大事件に発展。ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへと向かうのだが…。

Peter Rabbit

緑豊かで色鮮やかな花々に囲まれたカラフルでうっとりするような一大パノラマを背景に、心躍る音楽を散りばめ、うさぎたちと人間の愛らしいドラマが繰り広げられる。

自然を愛し、ピーターたちを可愛がるビア役に「ANNIE/アニー」のローズ・バーン。そして、ビアに惹かれていくマグレガー役に「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のハックス将軍や「アバウト・タイム 愛おしい時間について」主演のドーナル・グリーソンが抜擢された。

Peter Rabbit

ちなみに、リアルなCGで描かれ、表情や動きが可愛らしいピーターラビットの声は、人気テレビ司会者として活躍しているジェームズ・コーデンが務めている。

さらに、ピータの3匹の妹たちフロプシー、モプシー、カトンテールには、「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーデイジー・リドリーといった女優たちが声の出演として参加する。

監督は、「ANNIE/アニー」「ステイ・フレンズ」などを手掛けたウィル・グラック。洗練されたコメディセンスとエッジの利いたサントラ選曲で定評がある監督である。

Peter Rabbit

今年から来年には実写化ブームが訪れそうだ。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop