top

2018 Jul. 10

夏の水族館 1

7月7日よりスタートした「京都水族館」での、金魚の新感覚展示「WOW!金魚あそび」。夏の風物詩である金魚は、実は長い年月をかけて姿、形、色などを変化させてきた生き物。「WOW!金魚あそび」では、3つの体験コーナーを用意して、これまでになかった新感覚の展示で金魚を紹介。

WOW!金魚あそび

太古の京都の森と泉をイメージした「京都金魚伝説」は、全高約3メートルにも及ぶ大型展示。流木や植物などをダイナミックに配置して、水中世界と陸上世界が融合した世界観を表現。水槽では、長い尾びれを持つ金魚(コメット)を約50匹泳がせる。まるで森の中を妖精が舞っているかのような幻想的な水中世界を楽しめる。

WOW!金魚あそび

また、ミスト、滝、照明演出などを使った演出も行われるので、訪れる時間や見る場所によって印象が変わることもあるので楽しみ倍増。

体感型のアトラクション展示「ちゃぷちゃぷ金魚」も用意。ここでは、体験者の動きに合わせて水や金魚が変化する。触れようとすると金魚が逃げたり、足跡にあわせて波紋が広がったり…、人の動きにあわせて変化する臨場感溢れる展示は体感価値あり。

WOW!金魚あそび
WOW!金魚あそび

そして、金魚の秘密を学ぶなら「金魚ストーリー」を訪れよう。優美な尾びれが特徴の「京錦」など、金魚に関する意外なルーツなどを紹介。展示パネルは、ぬまがさワタリが担当。かわいいイラストで、すぐに人に話したくなる金魚の秘密を解説する。

WOW!金魚あそび
WOW!金魚あそび

さらに、期間中は金魚鉢型の容器にフルーツカクテルとベリーを入れた「金魚ソーダ 金魚鉢付き」や、金魚の赤をラズベリーで再現した「金魚ソフトクリーム」といったメニューも登場。

金魚ソーダ 金魚鉢付き/750円(税込) ※なくなり次第終了
金魚ソーダ 金魚鉢付き/750円(税込) ※なくなり次第終了

金魚ソフトクリーム/360円(税込)
金魚ソフトクリーム/360円(税込)

「京都水族館」のイルカパフォーマンスを「エイベックス」が企画・制作。劇場型イルカパフォーマンス「La・La・Fin CIRCUS/ラ・ラ・フィン サーカス」が、7月21日から9月21日まで開催される。

La・La・Fin CIRCUS

「エイベックス」が初めて国内水族館のイルカパフォーマンスの演出を担当し、劇場型イルカパフォーマンス「La・La・Fin CIRCUS」と題し、全4章のプログラムを手掛ける。スタートとなる第1章は「友情」がテーマ。イルカ3頭とトレーナー3名に加えて、サーカス団を演じるパフォーマー4名が参加。4人組の「スペースサーカス団 スパーク一座」が「京都水族館」のイルカスタジアムを訪れたら…という設定のストーリーが展開される。

La・La・Fin CIRCUS

イルカやトレーナーと遊び、心を通わせていく他の団員たち。一方で、イルカと一緒にパフォーマンスをする機会を設けたスパークー座の団長だが、なかなかマジックショーが上手くいかず悩んでいる。そんな団長がイルカやトレーナーたちと交流することで変化していく…。約20分の1プログラムの中で、人や生き物と心を通わせることの楽しさや大切さを学んでいく1つの物語が綴られる予定。

パフォーマンスの前後には、パフォーマーと来場者がハイタッチをしたり、ジョークで笑いあって交流するグリーティングタイムが用意される。また、来場者の反応によってショーの内容も変化するため、日々異なるプログラムが展開されるのも「La・La・Fin CIRCUS」の魅力。

夏の特別展「ウミウシって巻貝の仲間なんだって!?展 ウミウシとその仲間たち」が、7月11日から9月17日までの期間、品川の「しながわ水族館」で開催される。近年、色鮮やかなビジュアルや種類の豊富さなどから注目を集める、不思議な生態「ウミウシ」。

ウミウシって巻貝の仲間なんだって!?展 ウミウシとその仲間たち

今回の特別展では、「ウミウシは実は巻貝の仲間である」をテーマに、アオウミウシや、ムカデミノウミウシ等を展示。カラフルなウミウシたちとともに、仲間であるクリオネやアメフラシなども一緒に紹介する予定。

ウミウシって巻貝の仲間なんだって!?展 ウミウシとその仲間たち
ウミウシって巻貝の仲間なんだって!?展 ウミウシとその仲間たち
ウミウシって巻貝の仲間なんだって!?展 ウミウシとその仲間たち
ウミウシって巻貝の仲間なんだって!?展 ウミウシとその仲間たち
ウミウシって巻貝の仲間なんだって!?展 ウミウシとその仲間たち
ウミウシって巻貝の仲間なんだって!?展 ウミウシとその仲間たち

また、期間中はマリンショップ「シーガル」にはウミウシにまつわるグッズも登場。クッションやマグネットなど、カラフルなウミウシをモチーフにしたアイテムが多数ラインナップ。

クッション
マグネット

横浜の「八景島シーパラダイス」が大規模リニューアル。開業25周年記念として、園内の水族館「アクアミュージアム」に新たな11か所のLABOを設け、リニューアルオープンは7月12日から。

八景島シーパラダイス

最大の目玉となるのは、「八景島シーパラダイス」のオープン以来「日本最大級」の水族館として人気を集めてきた「アクアミュージアム」のリニューアル。「五感体感」をテーマに11ヶ所のLABOを設置し、「アクアミュージアム 五感体感LABO」として生まれ変わる。各LABOでは異なる生き物たちに焦点を当て、生態系を活かした展示や最新技術を用いた演出、フィーディング(餌付け)などが行われる。

LABO1「はじまりの海」
「アクアミュージアム 五感体感LABO」のエントランスとなるLABO1には、幅約10メートルの水槽群を新たに設置。

LABO1「はじまりの海」

水槽内では、「海の中の熱帯雨林」とも言われるサンゴ礁を再現し、サンゴの仲間、サンゴ礁に生息するクマノミなど色鮮やかな生きものたちと、サンゴ礁のある砂地に集団で生息するチンアナゴなどを展示。

LABO2「海の宝石シェルリウム」
エントランスを抜けた1階には、「海の宝石」ウミウシや美しい真珠を創り出すアコヤガイにフォーカスを当てた「海の宝石シェルリウム」を設けた。

LABO2「海の宝石シェルリウム」

飼育展示種数日本一、35種のウミウシを一度に鑑賞できるほか、ウミウシや貝と一緒に記念撮影ができるフォトスポット水槽も用意されるので、見るだけでなく体験・参加型の展示スペースとなっている。

LABO3「海で進化した動物たち」
同じく1階では、アシカやアザラシに出会える「海で進化した動物たち」もオープン。

LABO3「海で進化した動物たち」

暖かい海域に生息する「カリフォルニアアシカ」、寒冷地に生息する「ハイイロアザラシ」、「ゼニガタアザラシ」の3種の鰭脚類が暮らしている。毎日フィーディングタイムも行われるので、運が良ければ、給餌シーンを間近で鑑賞することもできる。

LABO4〜LABO8には、「氷の海に暮らす動物たち」「大海原に生きる群れと輝きの魚たち」「太陽の恵みをうける海と生き物たち」「未知なる深海谷 深海リウム」「夜の海に潜む魅惑の魚たち」「紺碧の大海原を旅する生き物たち」「フォレストリウム」「海の源・豊かな森にくらす魚たち」のLABOが誕生。

氷の海に暮らす動物たち
氷の海に暮らす動物たち

大海原に生きる群れと輝きの魚たち
大海原に生きる群れと輝きの魚たち

太陽の恵みをうける海と生き物たち
太陽の恵みをうける海と生き物たち

未知なる深海谷 深海リウム
未知なる深海谷 深海リウム

夜の海に潜む魅惑の魚たち
夜の海に潜む魅惑の魚たち

海の源・豊かな森にくらす魚たち
海の源・豊かな森にくらす魚たち

ちなみに、LABO9の「紺碧の大海原を旅する生きものたち」では、フワフワと浮遊するクラゲたちに出会うことができ、照明演出にもこだわったフォトジェニックな水槽は、癒し効果たっぷり。クラゲとともにイカも紹介される。

紺碧の大海原を旅する生きものたち
紺碧の大海原を旅する生きものたち

また、水族館初の「フォレストリウム」は、リニューアルの目玉となる新エリア。海の世界を存分に楽しんだ後は、陸上生物・水辺の生物・水鳥・淡水魚など、水辺と森に生息する生きものたちを展示する水族館初のエリアで新たな出会いを五感で体感することができる。

フォレストリウム
フォレストリウム

エリア内には、カピバラ、チリーフラミンゴ、プレーリードッグなど23種の生き物たちが生息。特に「森のこみち」は、従来の柵やアクリルが設けられていないので「超至近距離」で生きものをじっくりと観察することができるような演出が施されている。

さらに、5階の海の映像館「アクアシアター」では、ナショナルジオグラフィックとコラボした新プログラムがスタート。「つながりあった1つの大自然」をテーマにした約15分間の大自然ショートムービーが上映される。

アクアシアター

そして、「八景島シーパラダイス」内には、新スポーツエンターテインメント・アトラクション「ロックンロック」が登場。巨大立体迷路「デッ海」に続く「身体を動かす」アトラクションとなっており、約6m、約8m、約10mと高さの異なるウォール・タワーを実際に登ってスリル満点なエンターテインメントを楽しむことが可能。

ロックンロック

また、「八景島シーパラダイス」では、夏のイベントが7月12日から9月2日まで開催される。屋外のアクアスタジアムで行う大人気のショー「海の動物たちのショー」には、海の生き物たちによる「ずぶ濡れ演出」が登場。

現在開催中の「SEAPARA LIVE TV」では、イルカやアシカ、セイウチなどが、バラエティ・恋愛ドラマ・スポーツ・音楽といったさまざまなジャンルの番組に見立てたエンターテイメントショーを行う。そんなユニークなショー中に、期間限定でイルカとセイウチが水を浴びせる演出を披露する。

ずぶ濡れ演出
ずぶ濡れ演出

普段入ることができないステージに特別に入って、ダイナミックなイルカのジャンプを間近で体感できる、冷たくて、迫力満点なイベントである。

海の動物たちと触れ合い体験ができる「ふれあいラグーン」では、「ずぶ濡れパーティタイム」を開催。 シロイルカやコビレゴンドウ(クジラ)は豪快な水しぶきを上げ、オタリア(アシカの仲間)はホースを咥えて思いきり水をかけてくる。可愛い生き物たちや参加者と一緒に、ずぶ濡れになりながら水遊びを楽しむことができる。

ずぶ濡れ演出
ずぶ濡れ演出
ずぶ濡れ演出

園内のプレジャーランドにも、 期間限定で水を楽しむエリア「ウォーターパラダイス」が登場。巨大なウォータースライダーをはじめ、ボードの上に乗ってパドリングを体験できるスタンドアップパドルボードや、巨大バルーンの中に入りプールにプカプカと浮かんで楽しむウォーターバルーンなど、夏にぴったりのアトラクションが登場。

ウォーターパラダイス

昼のイベントを思いきり楽しんだ後は、花火ショー「花火シンフォニア」でロマンチックな夜を満喫。

花火シンフォニア

花火と音楽がシンクロしたシーパラダイスのオリジナルのショーは、特別エリアで花火を観覧できる「特別観覧席」や、バーベキューしながら花火を楽しめる「焼屋特別観覧席」が用意されている。

花火シンフォニア
花火シンフォニア

「横浜ランドマークタワー」69階展望フロア「スカイガーデン」では、7月14日から9月2日までの期間、「八景島シーパラダイス」とコラボした「SEAPARA SKYGARDEN/シーパラ スカイガーデン」が開催される。

SEAPARA SKYGARDEN

「SEAPARA SKYGARDEN」は、「スカイガーデン」の開業25周年イベント「SKYGARDEN 25th ANNIVERSARY SUMMER EVENT/スカイガーデン 25th アニバーサリー サマー イベント」の一環として開催。

同じく開業25周年を迎える「八景島シーパラダイス」とタッグを組み、フロア内の5か所に「WELCOME」「LOVE」「EXPERIENCE」「HEALING」「COLORFUL」の5テーマで分類した海の生き物を展示。地上273mからの絶景をバックに、「八景島シーパラダイス」で人気の「カクレクマノミ」「ピラニア」「ミズクラゲ」などを眺めることができる。

SEAPARA SKYGARDEN

また、9月17日までは、毎年人気の「スカイビアガーデン」も開催され、美しい夜景と共にビールを楽しむことができる。

SEAPARA SKYGARDEN

明日もまた、水族館でのイベントあれこれをお届けします。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop