top

2018 Jul. 8

オーディオライフ

英国発のライフスタイルオーディオブランド「REVO/レボ」から、ストリーミング・ミュージックシステム「SUPER」シリーズが登場。日本での販売も開始された。

SuperSystem
SuperSystem

SuperCD
SuperCD

SuperConnect
SuperConnect

「REVO」は、2004年にスコットランドでデジタルオーディオブランドとして誕生。音質を追求するクラフトマンシップの高さとともに、音楽ストリーミングやインターネットラジオを含むオールインワン・オーディオのパイオニアとしてもその名が知られている。カジュアルに、豊かなサウンドへとコネクトできるシリーズである。

REVO

その「REVO」から新たに登場した「SUPER」シリーズは、レトロモダンなデザインと最新技術を融合。フラッグシップモデルは「SuperSystem」

SuperSystem/11万5000円(税別)
SuperSystem/11万5000円(税別)

選び抜かれた高性能パーツが採用された2.1chチャンネルの高品位なハイファイサウンドが特徴で、モバイル機器の充電が可能なUSB端子なども備えられている。

SuperSystem/11万5000円(税別)

このほか、CDプレーヤー一体型の「SuperCD」、エントリーグレードの「SuperConnect」と全3種類をラインナップ。

Super CD/9万9000円(税別)
Super CD/9万9000円(税別)

Super Connect/6万5000円(税別)
Super Connect/6万5000円(税別)

いずれのモデルもWi-Fiでインターネットラジオやストリーミング、複数の部屋で同じ楽曲を一斉に流すマルチルーム機能に対応し、カラーはウォルナットシルバーとウォルナットブラックを展開する。

Super CD/9万9000円(税別)
Super Connect/6万5000円(税別)

オーディオとしての機能はもちろん、インテリアのアクセントにもなる「Super」シリーズ。クラシカルなスタイルでありながら、最新の音楽体験を楽しめる、意外性のある心憎いオーディオである。

「beyerdynamic/ベイヤーダイナミック」のワイヤレスヘッドホン「Amiron Wireless JP」がリリース。

Amiron Wireless JP

柔らかな装着感と独自テクノロジー、そして、ワイヤレスの解放感を両立するアイテム。サウンドパーソナライゼーションアプリに対応し、ユーザーの耳に合わせたサウンドを構成する機能をもつ。

1924年にドイツで創業し、プロフェッショナル向けオーディオ分野で高い評価を得ている「beyerdynamic」

beyerdynamic

ホームリスニングで高いパフォーマンスを発揮するワイヤレスヘッドホン「Amiron Wireless JP」のベースとなったのは、2016年に登場した「AMIRON HOME」

AMIRON HOME

高品質素材による柔らかな装着感と独自開発のテスラテクノロジーによる、クリアで豊かなサウンドはそのままに、ワイヤレスならではの解放感が味わえる。

再生にはBluetoothを用いたQualcomm aptX HDおよびQualcomm aptX LLに対応。低遅延・高品質コーデックに対応した方式が採用されている。

Bluetooth

また、付属のリモコン付き3.5mmステレオミニプラグケーブルを使うことで、有線でハイレゾ音源が楽しめることも魅力。

ステレオミニプラグケーブル

ヘッドホン本体には、タッチパッドとマイクが備わり、音楽再生や通話の操作を直感的に行える。また、バッテリーの消耗やデバイスとの接続状況をユーザーに教えてくれる環境状況音声ガイド機能が付き、ユーザビリティに配慮した設計が嬉しい。

Amiron Wireless JP

特筆すべきは、「beyerdynamic」独自のサウンドパーソナライゼーションアプリ「MIY(Make it yours)」に対応している点。

Make it yours

これは、現在の聴覚力を検出、分析をし、ユーザーに見合ったサウンドプロファイルを作成する機能。そのデータをヘッドホンに転送することでバランスの取れた、ユーザーの耳に最適なサウンドを構成する。

サウンドプロファイルの生成には2パターンが可能。ユーザーの年齢に基づいた一般的なデータによるプロファイル生成や、ユーザー年齢入力の次に片耳約3分、合計6分間の聴覚テストによる総合的なプロファイル生成ができる。

Amiron Wireless JP

加えてユーザーのリスニング状況、特に使用時間や音量を常に測れるTracking機能も備わる。長時間使用や大音量でのリスニングはユーザーの耳に大きな負担をかける。この機能を使えば、耳に負担をかけない状況を把握できる。

Amiron Wireless JP

充電2時間で、最大30時間の長時間再生が可能。

「Amiron Wireless JP」ならば、オーディオデバイスの設置場所に捉われない、解放的な上質のオーディオライフが過ごせそうだ。

Amiron Wireless JP

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop