top

2018 Feb. 7

シャレた腕時計あれこれ

2月16日の春節を前に「戌年」ならではのタイムピースが「BREGUET/ブレゲ」から登場。春節を祝し、干支を象ったスペシャルピース「クラシック 7145 春節限定」は、2018年の「8」にちなみ、世界限定8本のリミテッドエディション

BREGUET classic 7145 Chow Chow

「クラシック 7145」は、「BREGUET」伝統のギヨシェ装飾を使い、中国で最も慈しまれた犬「チャウチャウ」を手彫りで施したもので、マニュファクチュールのアルチザンが作品に息を吹き込んだ精緻な作業が際立つ逸品である。

ゴールド製のダイアルには「チャウチャウ」が描かれると同時に、ギヨシェ模様で「BREGUET」独特の特徴を表現。ゴールド上のエングレービングで生み出された「チャウチャウ」は、浮彫の技法を用い、文字盤上の限られた空間に表現。作業はマイクロスコープを使い、様々なノミや彫刻工具が駆使された。

BREGUET classic 7145 Chow Chow

ケースバックからも美しく時を刻む自動巻きムーブメントが見られるなど、まさに、精緻で優美な工芸品である。なお、価格は466万円(税抜別)。

また、「BREGUET」から2018年のバレンタインデーを記念した「クラシック ムーンフェイズ レディ9085」が発表された。「バレンタインデー」にちなみ14本限定で販売される。価格は339万円(税別)。

クラシック ムーンフェイズ レディ9085

2016年に優雅な気品をたたえるラウンド型モデル「クラシック ムーンフェイズ レディ」が「BREGUET」のコレクションに仲間入りしてから約2年。今年の「バレンタインデー」に合わせて登場した限定モデルは、可憐なピンクの装いとなった。

ベゼルはダイヤモンドとピンクサファイアのグラデーションにより彩られ、6時側のラグはピンクサファイア、12時側のラグはダイヤモンドで装飾。サテン風のアリゲーター・レザーストラップもまたピンクのグラデーションが与えられ、バレンタインにぴったりのドラマティックな雰囲気に仕上がっている。

クラシック ムーンフェイズ レディ9085

柔らかで軽やかな色遣いは、文字盤のマザーオブパールにも反映。6時位置にはムーンフェイズがあしらわれ、ピンクラッカー仕上げの背景の上に描かれた月が、ピンクマザーオブパールのハートの背景に周期的に見え隠れする。

クラシック ムーンフェイズ レディ9085

この他にも、「クラシック」モデルの特徴であるケースバンドに施されたフルート装飾やブルースチールのブレゲ針など、特筆すべきディテールを各所に宿している。

「CARL F. BUCHERER/カール F. ブヘラ」「マネロ」は、時計製造の卓越したクラフトマンシップと控えめながらもエレガントな力強さを持つタイムレスな魅力に溢れたコレクション。

carl f. bucherer manero
carl f. bucherer manero

「地平線を広げるように」をコンセプトとした「マネロ ペリフェラル」の新モデル「マネロ ペリフェラル 43mm」が、3月22日から開催される「バーゼルワールド」に先駆けて発表された。

マネロ ペリフェラル 43mm

新たにコレクションに加わった「マネロ ペリフェラル 43mm」は、完全自社開発のキャリバー「CFB A2050」を搭載し、既存コレクションよりもひと回り大きなフレームにアップデートされ、現代に相応しいモデルに仕上がっている。

マネロ ペリフェラル 43mm

基本フォルムは、これまでと同じクラシックなラウンド型ケース。クリアなエッジと柔らかい曲線、そして、表面に施されたポリッシュ仕上げとマット仕上げのコントラストがタイムピースにエレガントな趣を添えている。既存コレクションの絶妙なプロポーションはそのままに、文字盤やくさび型のアプライドインデックス、分針も同じ比率で精密に再現されている。

マネロ ペリフェラル 43mm

ムーブメントは中央の時針と分針、6時位置にスモールセコンド、3時位置に日付表示を備え、クロノメーターの認定を受けている。自動巻きのムーブメントは「CARL F. BUCHERER」独自の設計によるペリフェラルローターを備えた両方向巻き上げ式の自動巻き機構から動力を引き出して作動。また、コート・ド・ジュネーブ装飾を施したムーブメントの動きをケースバックから眺めることも可能。ローズゴールドにライトブラウンのアリゲーターストラップが組み合わされ、ケースの暖かな色調と落ち着きのあるハーモニーを醸し出すカラーコンビネーションも見事。ちなみに、価格は未定。

スイスの時計ブランド「FORTIS/フォルティス」が、今年で放送開始から50年を迎えた「ウルトラセブン」とコラボした「ウルトラセブン リミテッド by フォルティス」を発売。日本でわずか50本のみリリースされるレアモデルである。

ウルトラセブン リミテッド by フォルティス

国際宇宙ステーション「ISS」に向けて飛び立つ宇宙飛行士の公式装備品サプライヤーとなり、宇宙とのつながりが強めてきた「FORTIS」。その「FORTIS」が新たにタッグを組んだのは、宇宙をテーマにし、今年放送開始からちょうど半世紀という大きな節目を迎えた「ウルトラセブン」。

ウルトラセブン

2016年に誕生した「FORTIS」の新型ケースが採用され、「FORTIS」の伝統的なスタイルの随所に「ウルトラセブン」をイメージした意匠がデザインされている。

シルバーダイアルの6時位置には、地球防衛軍「ウルトラ警備隊(TDF-UG)」のロゴマークが配され、秒針のハカマにはお馴染みのアイスラッガーが象られている。

ウルトラセブン リミテッド by フォルティス
ウルトラセブン リミテッド by フォルティス

インデックスも「7」の文字のみが赤いアラビア数字となっており、その他のインデックスはアップライドスタイルのバーインデックスで、暗所ではブルーに発光。12時のマークと時針、分針は暗所でグリーンに光るスーパールミノバ仕上げが施された。

ウルトラセブン リミテッド by フォルティス

また、シースルーバックから見えるムーブメントのローターには「ウルトラセブン」のシルエットがデザインされており、「ウルトラセブン」がぜんまいを巻き上げているような遊び心もシャレている。さらに、自動巻きローターにはシリアルナンバーが刻印されている。価格は16万円(税別)。

ウルトラセブン リミテッド by フォルティス

昨年、「AUDEMARS PIGUET/オーデマ ピゲ」が「ドバイ・ウォッチウィーク」の開催に合わせ、「ミレネリー」コレクションの新作を発表。2015年に発表されたホワイトゴールドケースとピンクゴールドケースのモデルにブレスレットを添えたもの、そして、コレクション初のオパールダイアルを採用したモデルである。

「ミレネリー」コレクションの新作

「AUDEMARS PIGUET」の「ミレネリー」新作は、2015年に発表されたホワイトゴールドとピンクゴールドのケースに、各々同素材のゴールドブレスレットを合わせたプレシャスモデルと、「ミレネリー」コレクションでは初となるオパールダイアルを採用した、計3種のモデルがラインナップ。

「ミレネリー」コレクションの新作

プレシャスモデルの2モデルにはダイヤモンドがセッティングされ、カボションセットのリュウズとともにエレガントな存在感を発揮。そしてポーランド風に仕上げられたブレスレットは、軸の周りに右、左と規則的にワイヤーを巻き付け、1つ1つ手作業で仕上げている。このメタルブレスレットによって、オーバル形のケースとダイアルのローマ数字に相応しいヴィンテージ感を漂わせるスタイルへと一新。サイズ調整ができる5ミリ刻みのリンクによって、すべての女性に合うしなやかな着け心地が実現された。

ミレネリーコレクション/465万円(税別)
ミレネリーコレクション/465万円(税別)

ミレネリーコレクション/465万円(税別)
ミレネリーコレクション/465万円(税別)

また、ベゼルとインナーベゼル、ラグの上部、そして、9時位置と3時位置のケース側面にはフロステッド加工が施されている。これまで「AUDEMARS PIGUET」が「ロイヤル オーク」でのみ採用してきたフロステッドゴールドの仕上げ技法は、200Hzで振動する(1万2000回/分)先端にダイヤモンドのついた空気圧式治具で細かな加工を施し、表面にまるでダイヤモンドダストのような繊細な煌きをもたらせた。

一方で、「ミレネリー」初となるオパールダイアルモデルも加えられ、コレクションはさらに充実。

ミレネリーコレクション オパールダイアルモデル/595万円(税別)
ミレネリーコレクション オパールダイアルモデル/595万円(税別)

変わりゆくライフスタイルに呼応するだけでなく、身に着ける女性の個性を捉え、その装いを一新するコレクションとなった。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop
 
 
s