top

2018 Feb. 6

春のイベントあれこれ

三重のナガシマスパーランド内の「ナガシマスパードーム」では、3月17日から5月20日までの期間、体験型イベント「AQUARIUM BY NAKED Nagashima Resort/アクアリウム バイ ネイキッド ナガシマリゾート」が開催される。

AQUARIUM BY NAKED Nagashima Resort

「AQUARIUM BY NAKED Nagashima Resort」は、「マクセル アクアパーク品川」の「SNOW AQUARIUM by NAKED/スノウアクアリウム バイ ネイキッド」などのイベントを手掛けてきたクリエイティブカンパニーの「NAKED Inc./ネイキッド」が手掛ける、最新の映像演出と水族館を掛け合わせた体験型デジタルアート。

SNOW AQUARIUM by NAKED
SNOW AQUARIUM by NAKED
SNOW AQUARIUM by NAKED

2017年に開催され、約1ヶ月間で11万人を動員した「アクアリム バイ ネイキッド ヒロシマ」が、今回は「ナガシマスパーランドバージョン」となってパワーアップ。東海に初上陸する。

一番の見どころとなるのは、本物の水が落ちる滝のプロジェクションマッピング「Deep sea Entrance/深海の入口」。暗い岩場から生命が誕生し、キラキラと光輝く世界「光の深海」になるまでの過程を、本物の水が落ちるリアルな音と心地よいリアルな冷たさで体感できる。

Deep sea Entrance

次に足を進めるのは、頭上には海のオーロラが一面に漂う「Ocean Tunnel/海中のトンネル」。さらに進むと、「Jerry Wall/クラゲの住処」へと辿りつく。ここは、触ると変化する不思議なクラゲたちの住処。壁をタッチするとクラゲが出現したり、クラゲの色や動きが変わったり、さらには壁に埋め込まれたゲルに投影されたクラゲをタッチすると、本物のクラゲを触っているような感触が楽しめる。

Ocean Tunnel
Jerry Wall

さらに歩を進めた先にある「Oasis/深海のオアシス」は、幅16m、高さ6mの巨大なスクリーンと両サイド2面いっぱいに「光の深海」が広がるエリア。スクリーンに向かって広がる床面にはさざめく波が映し出され、まさに海の世界を再現する場所。スクリーンに近づくと、キラキラと光る大きなクジラが目の前に登場することもある。さらに、プロジェクションマッピングのストーリーと連動しながら、水の泡をイメージした本物のバブルが頭上から降ってくる幻想的な演出も一緒に楽しめる。

Oasis
Oasis

最後のエリアには、インタラクティブコンテンツがを用意されている。床面にはプロジェクションマッピングによって、歩くと生命の軌跡がキラキラと輝く作品「Wave of Lives/生命の波」、そして、ナガシマスパーランドの夜景に自分自身の手で花火を打ち上げる作品「Firework/万華鏡花火」

Wave of Lives

「Wave front Art/波打ち際のアート」と称された、来場者の動きと連動する同コンテンツで楽しい思い出を締めくくる。

「すみだ水族館」では、3月14日までの期間、マゼランペンギンのカップルの恋模様を楽しめるイベント「恋する水族館。Sweet Penguins」をバレンタインデー・ホワイトデーに向けて開催。

Sweet Penguins

マゼランペンギンは、春の産卵に向けて、バレンタインデー・ホワイトデーの時期はちょうど恋のピークを迎える。現在55羽のマゼランペンギンを抱える「すみだ水族館」では、お互いを羽づくろいし合ったり、寄り添って眠ったりする仲睦まじいペンギンカップルの姿を多数楽しむことができる。

Sweet Penguins
Sweet Penguins

期間中、毎日ペンギンカップルを見守っている飼育スタッフのよる「スイートペンギントーク」や、自分たちと似たペンギンカップルを見つけられる「ペンギンカップル診断」などのイベントも実施。

Sweet Penguins

さらに5階のペンギンカフェでは、ペンギンのマカロンをトッピングしたソフトクリーム 「スイートペンギンソフト」や、ホットドリンク「スイートペンギンカフェモカ」も販売される。

Sweet Penguins

一方、横浜赤レンガ倉庫では、3月31日から4月22日までの期間、今年で12回目を迎える、海を望む広場に毎年テーマに沿った1万4,200株の色とりどりの草花が咲き誇る横浜の春の風物詩「フラワーガーデン 2018」が開催される。

フラワーガーデン 2018

今年のテーマは「ワイルドフラワーガーデン」。昨年好評だった草木を多く取り入れ、自然の中で散策している感覚が味わえる庭園スタイルに花畑の要素を新たに加え会場を構成。ワイルドフラワー(自然環境に自生する野生の花の総称)で、会場内に色とりどりの花畑を再現し、歴史的建物に挟まれた赤レンガ倉庫広場を色鮮やかな花と緑に溢れた春らしい空間に演出する。

フラワーガーデン 2018

会場内にはカラフルな花畑の「ワイルドフラワーガーデン」、港の海と青い空をイメージした「スカイブルーガーデン」、ラベンダーやローズマリーなどの香りを楽しめる「香りのガーデン」、葉もの野菜を集めた「ベジタブルガーデン」の異なる4つのテーマでガーデンが設置され、18時から24時まではライトアップ、フォトジェニックな景色を楽しむことができる。

フラワーガーデン 2018

さらに、今年は花を「視覚」だけでなく「味覚」からも楽しめるようにドライフラワーカフェ&バー「HANABAR/ハナバー」を会場内に併設。

食べられる花「エディブルフラワー」を使用した、見た目にも華やかな「お花のカクテル」、ワインのコルクに様々な種類のドライフラワーを装飾した「コルクドライ」、さらに、ハーブを使用したフードなどを提供。

HANABAR「お花のカクテル」(税込800円)
HANABAR「お花のカクテル」(税込800円)

「コルクドライ」(税込500円)
「コルクドライ」(税込500円)

他にも、横浜赤レンガ倉庫内の各店舗にて「ワイルドフラワーガーデン」をイメージしたメニューや、春らしいカラーを用いた商品が用意される。

nana's green tea「桜と餅の金箔ロールケーキ」(税込745円)
nana's green tea「桜と餅の金箔ロールケーキ」(税込745円)

「東京ミッドタウン」では、3月16日から4月15日までの期間、春の訪れを祝うイベント「MIDTOWN BLOSSOM 2018/ミッドタウン・ブロッサム 2018」が開催される。今回で11回目を迎える「ミッドタウン・ブロッサム」。イベントの目玉はなんといっても「東京ミッドタウン」のガーデンエリアに位置する全長200mの桜並木。隣接する公園エリアと合わせて、約150本並ぶ桜が街をピンクに彩る。

MIDTOWN BLOSSOM 2018

期間中、夜間には桜のライトアップを実施。開花前には、桜にピンク色のライトを灯して、ひと足早く花が咲いているかのような空間を演出。見頃を迎える時期には、白のライトを灯して、花びらがより映える幻想的な夜桜を楽しむことが出来る。

MIDTOWN BLOSSOM 2018
MIDTOWN BLOSSOM 2018
MIDTOWN BLOSSOM 2018

そして、そんな都会の花見をより盛り上げてくれるのが、ミッドタウン・ガーデンの季節限定屋外ラウンジ「シャンドン ブロッサム ラウンジ」。「ザ・リッツ・カールトン東京」の総料理長ティエリー マーレー監修の元、ラウンジのために考案した特別なメニューやスイーツが用意されている。また、春にピッタリなロゼ色のスパークリングワインなど、華やかなドリンクが提供される。

MIDTOWN BLOSSOM 2018
MIDTOWN BLOSSOM 2018

他にも、無料でスパークリングワインをふるまう限定イベントや、ミッドタウン館内をフラワーアートで彩る企画など、五感を使って楽しめるイベントが勢揃い。食からアートまで、春の訪れを「東京ミッドタウン」で体感してみてみるのもシャレている。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop
 
 
s