top

2018 Feb. 5

公開迫る話題作3作品

クリント・イーストウッド監督の最新作「THE 15:17 TO PARIS/15時17分、パリ行き」が、3月1日より全国の劇場で公開される。

THE 15:17 TO PARIS

「許されざる者」「ミニオンダラー・ベイビー」で2度のアカデミー賞作品賞と監督賞を受賞、近年では「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」と、真のヒーローの真実を巧みに描いてきた巨匠クリント・イーストウッド。そんな彼の最新作となる「15時17分、パリ行き」は、監督史上最短となる94分の上映時間。

THE 15:17 TO PARIS

今回の作品では、アムステルダム発パリ行きの特急列車内で起きたイスラム過激派による無差別テロ「タリス銃乱射事件」の現場に偶然居合わせ、命を捨てる覚悟で犯人に立ち向かった3人の若きアメリカ人の実話が描かれている。

THE 15:17 TO PARIS

2015年8月21日、乗客554人を乗せたアムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。

THE 15:17 TO PARIS

乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、ヨーロッパを旅行中だった幼馴染3人の若者が犯人に立ち向かった。

THE 15:17 TO PARIS

この作品の最大の特徴は、テロ事件に居合わせた主演3人を、それぞれ当事者本人が演じていること。「ハドソン川の奇跡」でも実際の現場にいた人々をエキストラとしたが、今回はよりリアリティにこだわり、主演3人をはじめ、乗客として当時列車に居合わせた乗客役も当事者たちに出演を依頼。撮影も実際に事件が起きた場所で行うなど、ハリウッド映画史上前代未聞の試みに挑戦。

THE 15:17 TO PARIS
THE 15:17 TO PARIS

ヨーロッパを旅行中だった、米空軍兵スペンサー・ストーン、オレゴン州兵のアレク・スカラトス、彼らの友人の大学生アンドニー・サドラーは、なぜ勇気ある行動を起こせたのか?ごく普通の人々が起こした奇跡を、事実に基づくストーリーと徹底的なリアリティで描く人間ドラマに仕上がっている。

THE 15:17 TO PARIS

「マンチェスター・アリーナ会場テロ事件」など、2017年に世界で起きたテロ事件は114件にのぼる。イーストウッド監督は「数多くの俳優たちと会ったが、実際の体験者に演じてもらうことが面白い試みだと思った。彼らはやる気になってくれて、天性の才能を発揮し、事件当時の再現でカタルシスも得られた」とし、テロを経験した当事者たちの心情に寄り添いながらも、「これは実際に彼らが体験した物語だ。真実なんだ」と強調している。

THE 15:17 TO PARIS

いつ、どこで、誰もがテロに直面してもおかしくない今だからこそ受け止めるべき、イーストウッド監督による「今を生きる全ての人々に捧ぐ物語」である。

 
「15時17分、パリ行き」予告

フランシス・ローレンス監督、ジェニファー・ローレンス主演の映画「レッド・スパロー」が、3月30日より全国ロードショー。

Red Sparrow

世界中で人気を博した「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と、ジェニファー・ローレンスが再びタッグを組んだ「レッド・スパロー」。

Red Sparrow

原作は、元CIA工作員という異色の経歴を持つジェイソン・マシューズによるスパイ・アクション。美貌と明晰な頭脳を持つ美女スパイが、ロシアの機密事項を調査するCIA捜査官に近づくミッションを受けたことをきっかけに、互いに惹かれ合う存在へ。しかし、騙し合いの末に物語は予測不能の結末へと向かう。

Red Sparrow

バレリーナのドミニカは、事故によりその道を絶たれてしまう。失意のドミニカは、母を守るために自分の意に反して、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員になることを決意。

Red Sparrow

そこで彼女は、自分の肉体を使った誘惑や、心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための特殊訓練を受ける。そして、持ち前の美貌と明晰な頭脳で頭角を表したドミニカは、ロシアの機密事項を調査するCIA捜査官ナッシュに近づくミッションを受ける。2人のスパイは互いに惹かれ合いながらも、騙し合いの連鎖へと陥り、自分たちのキャリアや忠誠、そして、国の安全までも脅かすことになりかねない予測不能の展開に発展する。

Red Sparrow
Red Sparrow

捜査対象を美貌で誘惑することに長けた「スパロー」と呼ばれる妖艶な女スパイのドミニカを演じるのは、「パッセンジャー」で主演を務めた若きオスカー女優ジェニファー・ローレンス。ドミニカと恋に落ちるCIA捜査官ナッシュをジョエル・エドガートンが演じ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズら名優たちが脇を固めた。

 
「レッド・スパロー」予告

2月16に公開される「グレイテスト・ショーマン」。アメリカの実在した伝説のエンターテイナーP.T.バーナムの、夢と愛に生きた人生をロマンティックで一途な愛とドラマティックに描いた感動のミュージカル・エンタテイメント。

The Greatest Showman

P.T.バーナムとは、19世紀に活躍したエンターテイナーで、サーカスの基礎を作ったと言われている人物。

P.T.バーナム

1952年に映画化された名作「地上最大のショウ」は彼のサーカスが由来。空想家のバーナムがゼロからアイデアと野心でショービジネスを立ち上げ、世界中でセンセーションを巻き起こした一大スペクタクルを作り上げるまでが描かれている。

The Greatest Showman

職を失い失意のバーナムは、脳裏に天啓とも言えるアイデアが閃く。ショー・ビジネスへの進出を狙うバーナムは一座を立ち上げ、華やかな社会の影でひっそりと暮らしていた人々を「大切なのは"君らしさ"」だと勇気づけ、エンターテイナーの道を歩みはじめる。そこには空中ブランコで華麗な芸を演じる若者をはじめ、さまざまな者たちが集まった。オンリーワンの個性を持つ人々にスポットライトを当てた、誰も観たことが無い華やかなショーを思い付いたのだ。

The Greatest Showman
The Greatest Showman

世界中の観客を楽しませるためイギリスへ渡ったバーナムは、女王にも謁見。奇跡の声を持つ美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドに出会い、共にアメリカへ行き、全米を魅了するショーを繰り広げる。しかし、その先には、築き上げてきたものすべてを失いかねない波乱が待ち受けていた…。

The Greatest Showman

主人公のP.T.バーナムを演じるのは、「レ・ミゼラブル」「Xマン」シリーズのヒュー・ジャックマン。彼はトニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞したことがあるほどの歌声の持主。

P.T.バーナムを献身的に支える妻と愛する子供たち、そして、その愛も注目ポイント。

The Greatest Showman

「ハイスクール・ミュージカル」や「ヘアスプレー」などで美しい歌声やダンスを披露したザック・エフロンもこの作品に出演し、上流階級の生活を捨て、バーナム率いるサーカス劇団の一員となる青年フィリップを演じている。そこで出会ったのは、空中ブランコ乗りのゼンデイヤ演じるアン。やがて惹かれ合っていく2人だが、そこには肌の色が違うという劇中当時の大きな問題が立ちはだかっていた。

The Greatest Showman
The Greatest Showman

予告映像には、2人による美しい空中ブランコのシーンが映し出される。「シルク・ドゥ・ソレイユとシェイクスピアの組み合わせ」のようなものだと表現するザック・エフロンの言葉通り、この作品に向けてトレーニングを重ねたというゼンデイヤは、演技とは思えないほど圧巻のパフォーマンスを披露。そして、ザック・エフロンとの息の合ったデュエットは、恋に落ちていく男女のムードをますますヒートアップさせていく。2人の恋の行方にも注目だ。

The Greatest Showman

その他にも、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、キアラ・セトルなど演技×歌やダンスに定評がある豪華スターが集結する。

The Greatest Showman

1月23日に行われた「第90回アカデミー賞」のノミネーション発表では、主題歌賞にノミネート。対象となった楽曲は「This is Me」。これは、1月8日に発表された「第75回ゴールデン・グローブ賞」で見事栄冠に輝いた楽曲。今回、アカデミー賞を受賞すれば、「ラ・ラ・ランド」に続き、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の2年連続ダブル受賞を果たすことになる。

This is Me

監督は「NARUTO ナルト」のハリウッド実写映画化を担当することが決定しているマイケル・グレイシーが初監督。彼は映画の音楽について「題名を聞くと歌が浮かぶ作品にしたい」と言及。そして、音楽は「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞を受賞したベンジ・パセックとジャスティン・ポールが担当。それだけにサウンドトラックも要注目。

もちろん、ヒュー・ジャックマン、ゼンデイヤ、ザック・エフロンなど主要キャストが参加しており、登場人物みんなで歌うゴージャスな「ザ・グレイテスト・ショー 」が超目玉。その他、ミュージカル女優のキアラ・セトルによる「This is Me」は、「他人と違うところこそが自分を特別な存在にしてくれるんだ」と声高だかに歌う。

This is Me

サウンドトラックは世界でもヒットしており、アメリカのビルボード アルバム・チャートで1位を獲得すると快進撃は続き、iTunesの総合チャートでは60ヵ国で1位を獲得。Spotifyでは収録曲11曲のうち9曲がトップ200グローバル・チャートにランクイン。なお、日本国内盤は1月17日にリリースされている。

The Greatest Showman

 
「グレイテスト・ショーマン」予告
 
「グレイテスト・ショーマン」生パフォーマンス映像

ちなみに、「グレイテスト・ショーマン」のプロモーショで、「This Is Me」に合わせ、総勢72名が圧巻のダンスを披露しているのが「バブリーダンス」で話題を集めた大阪府立登美丘高校ダンス部

大阪府立登美丘高校ダンス部

撮影は冬休み中の1月6日、和歌山の市立和歌山高校を借りて行われた。早朝6時30分にダンス部全員が現場入り、移動車やドローンも駆使した長時間に及ぶ撮影は、渡り廊下、教室、屋上、グランド、体育館と校内をくまなく使用。制服姿でキレのあるダンスを披露し、途中にはバク転や、表現力豊かなソロダンスのシーンも登場。

「バブリーダンス」のイメージが強かった登美丘高等学校ダンス部の新たな一面が見られる「This Is Me」は要チェック。曲の素晴らしさと彼女たちのダンスに鳥肌が立つこと間違いなし。

 
登美丘高校ダンス部と「グレイテスト・ショーマン」のコラボ
 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop
 
 
s