top

2017 Sep. 2

来年公開の邦画3作品

今日は2018年に公開が予定されている話題の邦画3作品をサクッとご紹介。

阿部寛演じる凄腕刑事の加賀恭一郎が活躍する「新参者」シリーズは、2010年4月に連続ドラマとしてスタート。謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すというサスペンス要素と、様々な人との触れ合いを通して謎を解明していくヒューマンドラマ要素が話題となった、東野圭吾原作の作品である。

新参者

その後、2本のスペシャルドラマと劇場版が製作されたこのシリーズの最新作となる「祈りの幕が下りる時」が、2018年1月27日より全国で公開される。父との確執、母の失踪、日本橋に留まる理由など、これまでに明かされていない加賀恭一郎の謎に迫る物語。吉川英治文学賞も受賞したこの作品で描かれる加賀とある女性演出家の出会いと、その演出家の周りで起こる不可解な事件。加賀恭一郎はなぜ「新参者」になったのか?「最大の謎」が最新作で明らかになり、ついに「新参者」シリーズがフィナーレを迎える。

祈りの幕が下りる時

主人公の刑事加賀恭一郎を演じるのはもちろん、これまでのシリーズ同様に阿部寛。加賀自身が事件のカギとなる作品で、最後の加賀恭一郎役に挑む。そして、事件の鍵を握る人物である女性演出家の浅居博美役は松嶋菜々子がキャスティング。

祈りの幕が下りる時

その他、詳しい役柄は未だ明らかになっていないものの、溝端淳平、田中麗奈、春風亭昇太、及川光博、小日向文世、烏丸せつこ、伊藤蘭、山ア努など豪華キャストが脇を固めることが決定している。

一方、「下町ロケット」「半沢直樹」「花咲舞が黙ってない」「民王」等、数多くの小説がドラマ化、そして、そのすべてが高視聴率や話題となっている池井戸潤

その池井戸原作のベストセラー小説「空飛ぶタイヤ」が映画化、2018年に公開されることが決定。

空飛ぶタイヤ

池井戸作品初の映画化となる「空飛ぶタイヤ」は、主人公でトラックの運送会社社長の赤松と自社製品のリコール隠しを行う大手自動車会社との闘いを描く作品。

空飛ぶタイヤ

よく晴れた日の午後。1台のトラックが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。

事故を起こした運送会社社長の赤松徳郎は警察で信じられないことを聞く。走行中のトラックから突然タイヤが外れた、と。整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼はトラックの構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。

遅々として進まない調査に苛立ち、自らの足で調査を始める赤松だが、そこには大企業のリコール隠しが存在した。赤松は親から引き継いだ会社や社員、家族を守るため、何よりも自らの正義のため、巨大な企業に戦いを挑む…てな展開。

主演は、「TOKIO」のメンバーとして活躍する一方、映画やドラマの話題作に主演し続ける長瀬智也。巨大企業に潜む闇と戦う、運送会社の社長赤松徳郎を熱演する。

空飛ぶタイヤ

そして、大手自動車会社のカスタマー戦略課課長の沢田悠太を演じるのはディーン・フジオカ。赤松からの再三の再調査要求を疎ましく思いながらも、自らも調査内容を疑問に思い調べていく内に、会社がひた隠す重大な事実に気づく。自らの心の内の正義と、大企業のサラリーマンとしての自分の立場に揺れる難しい役どころに挑戦している。

空飛ぶタイヤ

さらに、大手ホープ銀行の本店営業本部ホープ自動車担当の井崎一亮役として高橋一生の出演も決定。ホープ自動車の経営計画に疑問を感じ、自らも調査を開始する正義感の強く芯のある男を演じる。赤松・沢田と直接対決することはないものの、物語の重要な軸の1つとなる役どころだ。

空飛ぶタイヤ

その他、赤松徳郎の妻/赤松史絵役に深田恭子、ホープ自動車常務取締役/狩野威役に岸部一徳、 赤松運送専務/宮代直吉役に笹野高史、港北中央署刑事/高幡真治役に寺脇康文、週刊潮流記者/榎本優子役に小池栄子、赤松運送整備士/門田駿一役にLove-tune/ジャニーズJr.の阿部顕嵐など、人気実力を兼ね備えた豪華キャストが集結する。

さらに、ホープ自動車車両製造部の小牧重道役にムロツヨシ、ホープ自動車品質保証部の杉本元役に中村蒼ほか、柄本明、佐々木蔵之介、和田聰宏、木下ほうか、浅利陽介、六角精児、大倉孝二、津田寛治、升毅、谷村美月、近藤公園、村杉蝉之介、渡辺大、矢野聖人、田口浩正、斎藤歩、岡山天音、矢島健一、津嘉山正種、毎熊克哉、加藤満、筒井巧、中林大樹、井上肇、小久保丈二、高川裕也、木下隆行(TKO)、木本武宏(TKO)、池上紗理依と、錚々たる面々がキャスティングされている。

空飛ぶタイヤ

また、監督の本木克英は、1987年「松竹」に助監督として入社して以来、木下惠介、森崎東、勅使河原宏に師事し、助監督やプロデューサーとして活躍し、「釣りバカ日誌」シリーズの11作〜13作や、「超高速!参勤交代」で2015年の「第38回日本アカデミー賞」優秀監督賞を受賞した監督として知られている。

人の命を軽視し、社会を欺き、自らは保身に走る…。巨大企業の腐りきった内情と会社の常識は世間の非常識を地でいくエリート社員たち。そんな彼らに挑むのは四面楚歌の運送会社のオヤジ赤松徳郎。頑張れ赤松!と応援したくなる痛快娯楽作品の誕生である。

「空飛ぶタイヤ」にも出演する高橋一生と長澤まさみが主演する「嘘を愛する女」が、2018年1月20日より全国ロードショー。

嘘を愛する女

一流企業で働く完璧なキャリアウーマン川原由加利役を長澤まさみ、その恋人の小出桔平を高橋一生が演じる。抱き合いキスを重ねるカップル。そんな幸せな日々がが一変、愛する桔平の素性がすべて嘘だったという衝撃的な事実が明らかとなっていく…。

その姿は世の女性が憧れる理想像。一流企業で大手飲料メーカーの企画開発担当し、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を受賞するほどのバリバリのハイスペック女子の川原由加利は、研究医で面倒見の良い恋人の小出桔平と結婚も視野に入れ同棲5年目を迎えていた。

嘘を愛する女

ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。

「一体、彼は誰ですか?」

くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。

騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問を拭えない由加利は、意を決して私立探偵の海原匠と助手のキムを頼ることにした。調査中、桔平のことを「先生」と呼ぶ謎の女子大生心葉が現れ、桔平と過ごした時間、そして、自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利。

嘘を愛する女

やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせる幾つかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていた。

海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に…。なぜ桔平はすべてを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?

そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に辿り着くことができるのか…。

嘘を愛する女

私立探偵の海原匠に渋い吉田鋼太郎、海原エージェンシーで働く調査員キムにDAIGO、女子大生の心葉にもとAKBの川栄李奈、そして、瀬戸内にある小さな飲み屋「マサコ」の女将に黒木瞳と、ユニークなキャスティング。

嘘を愛する女
嘘を愛する女

恋人の「嘘」に翻弄される女性を描く新感覚ラブストーリーに要注目。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop