top

2017 Sep. 1

晩夏のイベントと新店

京都の美味しい、そして、美しい68アイテムが一堂に会する「伝統とモダンの競演 京都展」が、9月4日まで伊勢丹新宿店本館6階の催物場にて開催される。

伝統とモダンの競演 京都展

25回目となる今回は、今話題を集める「だし」文化が花開く「京のたまごサンド」に注目。会場では、塩と生クリームに、ふっくらとしたオムレツと自家製カラメルソースが合わさった「祇園おくむら」の「おくむらのたまごサンド」や、実山椒とともに1時間かけて煮た鶏もも肉と、だし巻サンドがセットになった「SAIKIYA」の「だし巻 鶏有馬煮サンド」、正統派たまごサンドに辛子マヨネーズでアクセントをつけた「前田珈琲」の「マエコーのたまごサンド」などを味わうことができる。

おくむらのたまごサンド(6切入 税込864円)
おくむらのたまごサンド(6切入 税込864円)

SAIKIYAのだし巻・鶏有馬煮サンド 各日100点限り 972円(各1切入)
SAIKIYAのだし巻・鶏有馬煮サンド 各日100点限り 972円(各1切入)

マエコーのたまごサンド(6切 税込756円)
マエコーのたまごサンド(6切 税込756円)

また、京都の人気ラーメン店「新福菜館」より、定番の「中華そば」に加え、本会場限定で「さいき家」のだし巻たまごを添えた「チャーシューだし巻丼」が登場。

中華そば(並)税込810円
中華そば(並)税込810円

新福そば 税込1,026円
新福そば 税込1,026円

チャーシュー・だし巻丼 税込702円
チャーシュー・だし巻丼 税込702円

その他、コーンの部分がクロワッサンで作られた「祇園きなな」の「クロワッサンソフトクリーム」や、吉祥文様をプリントし、白味噌や抹茶など8種が味わえる「Chocolat de par Tomomi Chiba/ショコラ デ パー トモミ チバ」の「ボンボンショコラ」、竹筒で1つずつ作られる「賀茂とうふ近喜」の「わさび豆腐」、丹後産のコシヒカリを使用した「白杉酒造」の「白木久 純米大吟醸BASARA」、ガーリックライスに牛もも肉炙り、梅干しに牛しぐれご飯を合わせた「肉匠 森つる」の「牛手麹おにぎり」、今回限定の「マルトシ珈琲」による「スペシャルティ・ブレンド」など、京都の名店グルメが勢揃い。

クロワッサンソフトクリーム(税込401円)
クロワッサンソフトクリーム(税込401円)

ボンボンショコラ(1個、各税込648円)
ボンボンショコラ(1個、各税込648円)

牛手麹おにぎり(9個入り、税込1,480円)
牛手麹おにぎり(9個入り、税込1,480円)

スペシャルティ・ブレンド(200g 税込1,680円)
スペシャルティ・ブレンド(200g 税込1,680円)

さらに、「京のたしなみ・七つ道具」として、「京都シルク」の「ハンドクリーム」、針仕事に欠かせない道具がセットになった「みすや忠兵衛」の「お裁縫揃い」、「和詩倶楽部」の一筆箋「桐箱 花鳥箋」、山羊の毛を使用した「京都六角館さくら堂」の「べっぴんさくら筆」

ハンドクリーム(50g 税込1,059円)
ハンドクリーム(50g 税込1,059円)

お裁縫揃い(税込1万800円)
お裁縫揃い(税込1万800円)

桐箱 花鳥箋(税込1,728円)
桐箱 花鳥箋(税込1,728円)

べっぴんさくら筆(税込3,132円から)
べっぴんさくら筆(税込3,132円から)

他に、香りを楽しめる「薫玉堂」の「京のかおり 線香シリーズ」、ポストカード付きで30セット限定の「和んこ堂」による「オリジナルポーチ・ランチバッグセット」、チョコレートとアプリコット、レーズン、ぶどうジャムサンドが各3個ずつ入った「村上開新堂」の「ロシアケーキ」といった京名物も展開される。

京のかおり 線香シリーズ(20g 各税込1,620円)
京のかおり 線香シリーズ(20g 各税込1,620円)

オリジナルポーチ・ランチバッグセット 30セット限り 3,240円
オリジナルポーチ・ランチバッグセット 30セット限り 3,240円

ロシアケーキ(各日50点限定/税込2,538円)
ロシアケーキ(各日50点限定/税込2,538円)

ちなみに、「EXILE/エグザイル」の公式ドリンクとしてお馴染みのレモンサワー。そして、「EXILE」といえば中目黒

EXILE

ま、「EXILE」には直接関係はないけれど、日本初のレモンサワーに特化した大型飲食イベント「レモンサワーフェスティバル 2017 in 中目黒」が、10月20日から22日まで、中目黒の複合施設「ナカメアルカス」で開催される。

レモンサワーフェスティバル 2017 in 中目黒

近年、人気を集めているレモンサワー。このイベントでは、このブームを牽引している中目黒でレモンサワーの魅力をより多くの人に知って欲しいという思いから開催される。

イベント期間中の3日間、会場ではレモンサワーの名店がキッチンカーで出店し、甲類焼酎と炭酸、レモンを合わせた「元祖系レモンサワー」や、凍結レモンやシロップ漬けレモンを使用した「進化系レモンサワー」など、多種多様なレモンサワーと一緒に、料理を楽しめるイベントとなっている。

レモンサワーフェスティバル 2017 in 中目黒

また、スペシャルサポーターには、「ホットペッパーグルメ」外食総研の上席研究員である有木真理が務める。彼女は、食のトレンドや食文化の発信により、外食文化の醸成や更なる外食機会の創出を目指し、自身の年間外食回数300日以上というなかなかの女史。

ジャンルは立ち飲みから高級店まで多岐にわたり、胃腸の強さがウリで1日5食くらいは平気で食べることが可能。食を通じて「人」と「事」を繋げるイベントオーガナイザーも務め、自らが「トレンドウォッチャー」として情報発信も行っている。

レモンサワーフェスティバル 2017 in 中目黒

これからもレモンサワー人気は盛り上がりそうな気配である。

一方、進化形ビストロカフェ「THE FLOWER TABLE/ザ フラワーテーブル」が、9月2日にフロアをリニューアルする名古屋栄三越3階にオープンする。

THE FLOWER TABLE

「Jamo associates/ジャモ アソシエイツ」がインテリアデザインを手掛けた店内は、カジュアルで開放的なイメージ。

THE FLOWER TABLE

また、クラシックでモダンなテイストの店内はグリーンの大理石を使用したテーブルをポイントに、「enamel./エナメル」がデザインを手掛けたボタニカルテキスタイル、名古屋の「Flower Noritake/フラワー ノリタケ」によるフラワーコーディネートも心地よい空間を演出している。

THE FLOWER TABLE
THE FLOWER TABLE
THE FLOWER TABLE

フードメニューは、東京で予約が取れないほど人気のフレンチ「sincere/シンシア」のシェフ石井真介が監修。

石井真介

「sincere」のシグネチャーメニューである魚をパイ包みにした「たい焼き」をアレンジした「たい焼きと彩り野菜、海の幸のガーデンプレート」をはじめ、名古屋で人気のシャルムベーカリー「ポンシェ」のゴールド食パンを使用した「黒豚ミートローフと野菜のミルフィーユサンドウィッチ」、牛肉の赤ワイン煮込みをパスタにアレンジした「牛ほほ肉の赤ワイン煮込みのタリアテッレ」などが登場。

“たい焼き”と彩り野菜、海の幸のガーデンプレート(税込1,550円)
"たい焼き"と彩り野菜、海の幸のガーデンプレート(税込1,550円)

黒豚ミートローフと野菜のミルフィーユサンドウィッチ(税込1,450円)
黒豚ミートローフと野菜のミルフィーユサンドウィッチ(税込1,450円)

牛ほほ肉の赤ワイン煮込みのタリアテッレ(税込1,180円)
牛ほほ肉の赤ワイン煮込みのタリアテッレ(税込1,180円)

また、スイーツには、遊び心が散りばめられた「AFTERNOON TEA PLATE"NATURE"」や、「PIERRE HERME PARIS/ピエール・エルメ・パリ」とコラボした「PIERRE HERME PARIS COLLABORATION BOX」、フランスの伝統デザートをアレンジした「バラ香るパフェ ピーチメルバ」もラインナップ。

AFTERNOON TEA PLATE“NATURE”(1人前/1,980円)
AFTERNOON TEA PLATE"NATURE"(1人前/1,980円)

PIERRE HERME PARIS COLLABORATION BOX(税込2,600円)
PIERRE HERME PARIS COLLABORATION BOX(税込2,600円)

バラ香るパフェ ピーチメルバ(税込1,080円)
バラ香るパフェ ピーチメルバ(税込1,080円)

ドリンクには、名古屋の老舗ロースター「GOLPIE COFFEE/ゴルピー コーヒー」のオリジナルのエスプレッソブレンドを使用したコーヒーや、フランスのプレミアムティーブランドである「Kusmi Tea/クスミティ」のフレーバーティー、フローラルウォーターとハーブを使用したオリジナルドリンク、グルメフロートなど、豊富なバリエーションで展開される。

豊富なバリエーションで展開

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop