top

2017 Oct. 11

diptyque

10月12日から18日までの期間、「ギンザ シックス」6階の「蔦屋書店」で、フランスの「diptyque/ディプティック」の砂時計型ディフューザーを使用したアートインスタレーションイベントを開催する。

砂時計型ディフューザー

「diptyque」は、1961年創業のパリのアロマキャンドル・フレグランスブランド。

diptyque

ブランド開始当初は、ファブリックを中心としたインテリア雑貨を中心に扱っていたが、1963年にオリジナルのアロマキャンドルを販売すると、それが大きな評判となった。その後、1968年にオードトワレを発表し、これも人気となり、これを機にブランドの方針を転換。

diptyque

現在は、アロマキャンドル、オードトワレ、石鹸、ルームコロン、ヘアー&ボディーウォッシュ、香水を中心に展開。キャドルの香りは54種を取り揃え、「BAIES:べス(カシスの葉&ブルガリアローズ) 」などが人気。

diptyque

良質の香料を使用し、長時間かけて調合。香水では「L'Eau」が人気となりシリーズ化している。

L'Eau

セレブご愛用のアロマキャンドルのブランドとしての地位を確立し、パリ、ロンドン、ボストン、サンフランシスコなどに店舗を構えている。

「diptyque」の「砂時計型ディフューザー」は、2017年4月に発売された砂時計をかたどったホームフレグランスディフューザー。

砂時計型ディフューザー

砂時計をかたどったホームフレグランスディフューザーで、容器を反転させると、オレンジやグリーンに輝くガラスに閉じ込められたフレグランスが透し模様が細工された金色のケースを通り、1滴1滴したたり落ち、まるでヨーロッパの貴族たちのお宝のような神秘的で美しいその砂時計は、1時間の時を刻みながら、時間の流れをうっとりするような香りで贅沢に彩ってくれる。

砂時計型ディフューザー

香りは6種類の異なる香りが用意されている。

カットしたてのジンジャーのフレッシュな香りを閉じ込めた「ジャンジャンブル」は、そのスパイシーな刺激が、1日の始まりに全身にエネルギーを与える。

ジャンジャンブル 本体 23,760円/リフィル 5,400円
ジャンジャンブル 本体 23,760円/リフィル 5,400円

「フルールドランジェ」は心地よいフローラルの香り。地中海の輝きを感じさせるような爽やかでほんのりと甘い香りは、どこか懐かしい子供の頃の夏の記憶を呼び覚ます。

フルールドランジェ 本体 23,760円/リフィル 5,400円
フルールドランジェ 本体 23,760円/リフィル 5,400円

そして、「フィギエ」はイチジクの樹木全ての部分の香りが混ざり合う奥深いフレーバー。心に安らぎを与えてくれるような樹皮や葉の温かさや、果実のミルキーな甘さが優しく包み込んでくれる。

フィギエ 本体 23,760円/リフィル 5,400円
フィギエ 本体 23,760円/リフィル 5,400円

摘みとったばかりの新鮮なガーデンローズを詰め込んだ「ローズ」は、芳醇でゴージャスな薔薇の甘さの中に、自然体な瑞々しさを忍ばせる。

ローズ 本体 23,760円/リフィル 5,400円
ローズ 本体 23,760円/リフィル 5,400円

エキゾチックな木々やスパイスをブレンドした「サン・ジェルマン大通り34番地」の香りをまとえば、ミステリアスなオーラが醸し出される。

サン・ジェルマン大通り34番地 本体 23,760円/リフィル 5,400円
サン・ジェルマン大通り34番地 本体 23,760円/リフィル 5,400円

さらに、「ベ」は誘惑するように甘く官能的なローズブーケに、カシスの葉とベリーの甘酸っぱく爽やかなアクセントを添えている。

ベ 本体 23,760円/リフィル 5,400円
ベ 本体 23,760円/リフィル 5,400円

そんな「砂時計型ディフューザー」を用いた今回のアートインスタレーションは、イタリア人アーティストのフェリーチェ・リモザーニとのスペシャルコラボレーションによるもの。インスタレーションに使われる作品は、ミラノで開催された世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ」において、ミラノデザインアワードを受賞した「リモザーニ」の芸術作品。ミステリアスな作品の動作は、フレグランスの滴と共に時間の流れを表しており、見ている人たちに不思議な感覚を提供する。

フェリーチェ・リモザーニとのスペシャルコラボレーション

また、開催期間中には、インスタレーション会場にてホログラムカードをプレゼント。「ギンザ シックス」地下1階の「diptyque」銀座店でホログラムカードを提示すると、ライフスタイルに合わせた香りのカウンセリングサービスを受けることができる。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop