top

2017 Jul. 28

歌麿とゴッホ

昨日はいろんなニュースがてんこ盛りの日であった。

民進党の蓮舫代表が辞任する意向を表明し、自民党では元スピードの今井絵理子参院議員と妻子ある神戸市議との不倫疑惑騒動。

蓮舫代表が辞任する意向を表明

また、森友学園の籠池夫妻が大阪地検特捜部の事情聴取を受け、2009年に鳥取県で起きた連続不審死事件で、男性2人に対する強盗殺人罪などに問われた元スナック従業員の上告審判決で最高裁は上告を棄却、死刑が確定した。

元祖プッツン女優の石原真理子がコンビニで弁当を万引きし、矢沢永吉の「時間よ止まれ」や岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」を手掛けた作詞家の山川啓介が肺癌で死去したことが判明したりと、きっと情報番組やワイドショーはテンヤワンヤだったことだろう。

極めつけは、南スーダン国連平和維持活動派遣部隊の日報問題をめぐり、防衛省の黒江事務次官が混乱の責任を取って辞任、また、陸上自衛隊トップの岡部陸上幕僚長も辞任、そして、何かと世間を騒がす稲田朋美防衛相が引責辞任の意向を表明。こりゃ今日のワイドショーも賑やかになりそうだ。

蓮舫代表が辞任する意向を表明

さて、ここからは今日のネタ。

2013年10月、実業家でユニバーサルエンターテインメント創業者の岡田和生の収集した東洋・日本美術コレクションを展示する目的で設立された「岡田美術館」

岡田美術館

古代から現代にいたる中国、韓国、日本の陶磁器を中心に、日本美術は主に近世、近代の日本画を所蔵する。美術館は、明治時代に「開化亭」というホテルのあった跡地に5階建てで建設。

開化亭
開化亭

その敷地は美術館が多い箱根においても屈指の広さを誇っており、美術館正面には640枚の金地パネルに描かれた福井江太郎の「風・刻(とき)」と題した風神雷神の大壁画が飾られており、この大壁画の前には足湯カフェも併設されている。

風神雷神の大壁画
風神雷神の大壁画

足湯カフェ
足湯カフェ

1948年以降に所在不明となった、喜多川歌麿の肉筆大作「深川の雪」が2012年に発見され、これを「岡田美術館」が所蔵、2014年に66年ぶりに一般公開したことで注目を集めた。また、83年間所在不明であった伊藤若冲の「孔雀鳳凰図」が2015年に発見され、この作品についても「岡田美術館」が所蔵して昨年に一般公開された。

伊藤若冲「孔雀鳳凰図」
伊藤若冲「孔雀鳳凰図」

7月28日から10月29日までの期間、「岡田美術館」では、特別展『歌磨大作「深川の雪」と「吉原の花」 138年ぶりの夢の再会』が開催される。

歌磨大作「深川の雪」と「吉原の花」 138年ぶりの夢の再会

江戸の浮世絵師であった喜多川歌麿の晩年の肉筆画の「雪月花」三部作は、画家人生の集大成と呼べる大作として知られている。

江戸最大の遊郭「吉原」の大通りを舞台に、美しく着飾った52人の遊女たちを描いた「吉原の花」や、雪が降り積もる冬の日に、深川の料亭で働く侍女や芸者たちの姿を描いた「深川の雪」。そして、海を臨む眺めのよい遊里の様子を描いた「品川の月」の3点から「雪月花」は成る。 明治12年に3点揃って展示されたのを最後に、「吉原の花」と「品川の月」はアメリカに、「深川の雪」は昭和23年と27年に公開されてのち、長らく行方知らずではあったが「岡田美術館」に収蔵され、現代に至るまで3点はバラバラに保管されていた。

今回の展覧会では、「深川の雪」と「吉原の花」が138年ぶりに日本で同時に公開される貴重な機会。さらに、「品川の月」も原寸大の高精細複製画で同時展示される。

品川の月
品川の月

咲き乱れる桜や、この時代でもひときわ華やかで美しい着物を身にまとう大勢の遊女たち、そして、画面全体を彩る金。「吉原の花」は、溢れる色彩と煌びやかな装飾で溢れている。一方、渋い色彩の着物を着た侍女たちや、真っ白に雪化粧をした松が描かれ、静かでキリッとした冬の空気が伝わってきそうな「深川の雪」。

吉原の花
喜多川歌麿「吉原の花」江戸時代 寛政3〜4年(1791〜92)頃 ワズワース・アセーニアム美術館蔵

深川の雪
喜多川歌麿「深川の雪」(部分) 享和2〜文化3年(1802〜06)頃 岡田美術館蔵

どちらも2メートルに及ぶ大作であり、その2つを同時に並べることで、それぞれが放つ異なる趣きをありありと感じることができる。また、作品にはたくさん描かれた人の着物の柄など、細部まで緻密に描きこまれているので、目の前で眺めれば溜息が出るほど見応えがあること間違いない。

話題は変わり、好色家、狂人、天才、怠け者、様々なレッテルを貼られた印象派の巨匠ファン・ゴッホ。彼の人生はその残された手紙によって明らかにされており、その中で「われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」と書かれている。

ファン・ゴッホ

ゴッホが主演の映画「ゴッホ 最期の手紙」が10月から順次公開される。

ゴッホ 最期の手紙

この作品は、印象派の巨匠ゴッホの死の謎に迫る、全編が「動く油絵」で構成された体感型アートサスペンス映画。まさにゴッホの絵画によって、彼自身を語らせる、世界初の試みとなっている。

 
Loving Vincent Teaser Trailer 1

ストーリーは、郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンが、パリへ届ける一通の手紙を託されるところから始まる。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追ううちにその死を知るが、それと同時に募る疑問が1つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そして、この手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

映像は彼の絵画をモチーフに、まず実際の俳優が演じる実写映像として撮影。その後、世界各国から集められた総勢125名の絵描きによって、約65,000枚の油絵へと生まれ変わり、全編が動く油絵によって構成される圧巻のアート映画となった。

 
Loving Vincent - Wroclaw painter training

物語のキーとなるアルマン・ルーランを「ノア 約束の舟」のダグラス・ブースが、ゴッホをロベルト・グラチークが演じる。その他、「アリス・イン・ワンダーランド」のエレノア・トムリンソン、「つぐない」「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナン、ジェローム・フリン、クリス・オダウドなどが脇を固めている。

郵便配達人ジョゼフ・ルーラン役の吹き替えを担当するのは、「沈黙−サイレンス−」のイッセー尾形。キリシタン弾圧の中心人物である井上筑後守を演じ、「LA批判家協会賞」助演男優賞次点となったのが記憶に新しいところ。

ゴッホ 最期の手紙

なお、彼は自作の指人形劇でファン・ゴッホとその友人たちを1人芝居で演じており、ルーラン役に関して「トボけた味の愛すべきキャラクター。映画では彼が物語の原動力になります。」とコメントしている。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop