top

2017 Apr. 15

新店ラッシュ

大阪・梅田の阪急三番街の一部エリアが、4月27日にリニューアルオープン。

新スポット「HANKYU BRICK MUSEUM」「うめ茶小路」が誕生し、新たに73の店舗が登場する。

阪急三番街は、 阪急梅田駅に併設した商業施設。今回のリニューアルは、北館と南館の一部について実施。北館は1階にある店舗の構成や配置が変更され、来店者がより買物しやすいフロアに進化。

阪急三番街 北館1階 リニューアルイメージ
阪急三番街 北館1階 リニューアルイメージ

阪急三番街 北館1階  リニューアルイメージ
阪急三番街 北館1階  リニューアルイメージ

地下1階は、スキンケアや食品関連、生活雑貨の店舗を集積することで、ファミリーで楽しめるフロアとして生まれ変わる。中には「ふれあい広場」を配置し、買い物途中にくつろげるような空間を設けている。

阪急三番街 北館地下1階 リニューアルイメージ
阪急三番街 北館地下1階 リニューアルイメージ

阪急三番街 北館地下1階の「ふれあい広場」に設けるレストスペースのイメージ
阪急三番街 北館地下1階の「ふれあい広場」に設けるレストスペースのイメージ

新店舗には、関西初進出のショップも続々オープン。全国初となるオトナな女性に向けたセレクトコスメショップ「クレーム エ ルージュ」や、梅田初のニトリのホームファッション店「ニトリデコホーム」など、日常を彩る新店舗も充実。

クレーム エ ルージュ
クレーム エ ルージュ

ニトリデコホーム
ニトリデコホーム

さらに、レゴの様々なパーツのお買い物やプレイコーナーも楽しめる「レゴストア」や、ウルトラマンのオフィシャルショップ「ウルトラマンワールド M78」もオープンし、オトナから子供まで楽しい新店舗が勢揃いする。

レゴストア
レゴストア

ウルトラマンワールド M78
ウルトラマンワールド M78

また、迫力あるレゴブロック作品を展示する「HANKYU BRICK MUSEUM」が新たなスポットとして誕生。日本で唯一のレゴ認定のプロビルダーである三井淳平に制作を依頼し、レゴブロックで「水族館」を再現。さらに、「阪急・阪神沿線の街並み」や「阪急梅田駅」などの全5作品の展示を予定している。

阪急三番街 北館1階 レゴブロック作品を展示する「HANKYU BRICK MUSEUM」のイメージ
阪急三番街 北館1階 レゴブロック作品を展示する「HANKYU BRICK MUSEUM」のイメージ

一方、南館では阪急三番街の北側に隣接する「阪急古書のまち」を、紀伊國屋書店の東側「マドレーヌアベニュー」に移転。新たに物販店を加えてストリートゾーン「うめ茶小路」として一新する。「和」をテーマとし、日本伝統の組子をデザインに取り込んだ、木の温もりを感じられる落ち着きのあるスペースが誕生する。

阪急三番街 南館1階「うめ茶小路」のイメージ
阪急三番街 南館1階「うめ茶小路」のイメージ
阪急三番街 南館1階「うめ茶小路」のイメージ

また、4月20日にオープンする、東京・銀座の新商業施設「GINZA SIX/ギンザ シックス」には、オシャレなショップが多数誕生する。

今日は、チョッと話題のショップをご紹介。

ブティック&カフェ「フィリップ・コンティチーニ」は、フランスのデザート業界とガストロノミー業界の巨匠フィリップ・コンティチーニが開く、初のカフェ複合型ブティック。ブティックでは焼き菓子から生ケーキまで扱い、銀座にしかないカフェカウンターでは、目の前で仕上げるデザートが楽しめる。

Philippe Conticini

注目は、サクッとした食感が特徴の「クイニーアマン」と、煮詰めたリンゴをタルト生地で被せた「タルトタタン」の2つのフランス伝統菓子を掛け合わせた「クイニー・タタン」。バターと砂糖で煮詰めたりんごを、バターをたっぷり折り込んだブリオッシュで包み込み、さらに、それをカラメルでコーティング。1度に2種類を楽しめるような贅沢で新しい一品をぜひ試したい。

クイニー・タタン 450円+税
クイニー・タタン 450円+税

1972年にジョゼフ・エテッドギーがロンドンで設立したファッションブランド「Joseph/ジョゼフ」のカフェ「JOE'S CAFE」が日本初上陸。

Joseph

「Joseph」は、インターナショナルなデザイナーブランドのセレクトとオリジナルブランドを合わせて新しいファッションを発信しており、そんな「Joseph」が手掛けるカフェ「JOE'S CAFE」では、紅茶やコーヒーと相性の良いメニューが揃っている。注目は、オープンを記念して限定メニュー「TEA SWEETS SET」。スコーン、パウンドケーキ、マドレーヌなど、香りのよい焼き菓子をセレクトして楽しめるお得なメニュー。

TEA SWEETS SET

「JOE'S CAFE」が併設された「GINZA SIX」の新店では、オリジナルのメンズ・レディス商品の他、セレクトアイテムやライフスタイル雑貨も充実。店舗規模は国内最大。

スイーツショップ「HONMIDO/本実堂」は、仙台銘菓「萩の月」で知られる菓匠三全が展開する新スイーツブランド。厳選された「和」の素材に「洋」のエッセンスを加えた、和菓子・洋菓子のジャンルを超えた銀座生まれのスイーツの数々を提供する。

HONMIDO SAND(本実堂サンド)

ショップの看板商品は、淡く優しい食感の淡雪(卵白を泡立ててつくったもの)を2枚の薄いラング・ド・シャではさんだ「HONMIDO SAND/本実堂サンド」。フレーバーは、深煎りが香ばしい「きな粉」ラングと淡雪の繊細な味を楽しめる「きな粉」、上品で香り高い「抹茶」ラングと淡雪のふくよかな味わいが特徴の「抹茶」と、和の素材を堪能できる2種がラインナップする。

HONMIDO SAND(本実堂サンド)
価格/4個入(各2個) 680円(税込)、8個入(各4個) 1,300円(税込)、20個入(各10個) 3,240円(税込)

他にも、ライスミルクを使用した程よい甘さのプリンと香ばしい「みたらし」ソースをフワフワの特製パンケーキ生地でサンドした洋風どら焼き「MITARASHI PANCAKE/みたらしパンケーキ」や、香り高い精製されたバターと厳選された小麦粉を使用し、1枚1枚手作りでサックリとした食感に焼き上げた2種のパイなどが用意されている。

MITARASHI PANCAKE(みたらしパンケーキ)
価格/2個入 380円(税込)、6個入 1,080円(税込)、12個入 2,160円(税込)

ALMOND PIE(アーモンドパイ)/CINAMMON PIE(シナモンパイ)
価格/4個入(各2個入) 1,150円(税込)、10個入(各5個入) 2,680円(税込)、16個入(各8個入) 4,280円(税込)

そして、フランス・パリ発の「フランボワーズ」は、そば粉とオーガニックの小麦を使用したクレープガレットの専門店。

Framboise

ちなみに、ガレットとはフランス北西部の郷土料理である料理、菓子のことで、フランス語で「円く薄いもの」という意味を持っている。甘いガレットのほかにも、南インドの「ドーサ」という米とレンズ豆をペーストしたガレットなど、デザート系から食事系まで幅広いメニューがラインナップ。

また、オープンを記念した限定メニュー「Marius」が登場。ヤギのチーズ、リンゴ、オリーブペースト、クルミ、ローズマリーを使用したそば粉のガレットで、今回のためにパリ店にて考案された。甘いものが好きな人は、シードルやワインと合わせて一度ぜひ試したいメニュー。

Marius
限定メニュー Marius

「旬熟成 GINZA GRILL」は、「長期熟成」という新しい肉のカテゴリーを提案する熟成肉ステーキ専門店「旬熟成」が手掛けるショップ。日本が誇る但馬牛を中心に、世界最高レベルの発酵熟成肉が提供される。

発酵熟成肉

熟成肉とは、牛・羊・ジビエなどの食肉を寝かせることで柔らかくし、旨味が増した肉のこと。「旬熟成 GINZA GRILL」では、A3/A4等級のランク肉を使用し、「発酵熟成法」というオリジナルの方法で熟成肉を生産。100日以上の時間をかけることで、旨味が最大化されており、ナッツのようなスパイシーで芳醇な香りや口溶けの良い脂が特徴となっている。美味しいだけでなく体に優しい肉だ。

発酵熟成肉

さらに、この店の最大の特徴は肉の食べ方にある。「本当の肉の味」を感じることが出来るという「リスニング・イーツ」を採用し、オリジナルの音をヘッドフォンで聞きながら、初めの数口を目隠しした状態で味わうというもの。

リスニング・イーツ

耳と口だけで味わうことに集中しながら、肉の旨みと香りを最大限に感じることができるという。ぜひ体験してほしい。

リスニング・イーツ

また、オーストラリアのスターシェフのルーク・マンガンが手掛ける、グリル&タパス料理「ソルトグリル アンド タパスバー バイ ルーク・マンガン」が日本に初上陸。国内1号店では、ここでしか味わうことのできない希少価値の高いオーストラリア産プレミアムビーフを思う存分楽しめる。

ソルトグリル アンド タパスバー バイ ルーク・マンガン

ブーランジェリー&カフェ「ジャン・フランソワ」は、卵やバター、牛乳、砂糖を使用した菓子パン「ヴィエノワズリー」に特化した新店が登場。工房一体型店舗なので作り置きではなく、常時30種類の「ヴィエノワズリー」が焼き立てで提供される。

ジャン・フランソワ

そして、人気のフルーツショップ「千疋屋」が、マルシェのような賑わい溢れるフルーツスイーツ専門店「パティスリー銀座千疋屋」の新業態で登場。取扱いメニューは、最多のバリエーションを誇り、元祖フルーツサンドの伝統を踏襲した新サンドウィッチやフルーツたっぷりのゼリーがラインナップする。

パティスリー銀座千疋屋

さらに、キャンディショップ「パパブブレ」は、「世界1面白いお菓子やさん」のビジョンのもと、マシュマロ、グミ、キャラメル、チョコレート、タフィーなど、多数の砂糖菓子を揃え、これまた新業態で新しいコンフィズリーの世界を作り上げる。

京都・宇治市の老舗銘茶店「中村藤吉本店」は関東初出店。「GINZA SIX」店では、日本茶とその魅力を活かしたスイーツや食事が提供される。

白玉や小豆などを何層にも重ねた「まるとパフェ 抹茶」や豊かなほうじ茶の香りを集めたオリジナルパフェ「まるとパフェ ほうじ茶」、さらに、限定メニュー「別製まるとパフェ」も銀座の街で味わうことができる。

まるとパフェ 抹茶

関東第1号店となるパリ発ブーランジュリー「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」では、看板商品の「バゲットモンジュ」をはじめ、りんごタルト「タルトレット・オ・ポム」や、伝統商品に現代風アレンジを加えた限定商品など約70品を展開する。

ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ

同じく関東初出店の京都で人気の「辻利」のショップ「辻利銀座店」のメインとなるのは、高級抹茶を通常の2倍量使用した「辻利ソフト濃い茶」と、抹茶・ホワイトチョコの濃厚な生地を低温でじっくり焼き上げた「辻利京濃い茶テリーヌ」。どちらも銀座店でしか購入できない逸品。

辻利ソフト濃い茶
辻利京濃い茶テリーヌ

余談ながら、4月14日から5月12日までの期間限定で、クリームチーズブランド「kiri/キリ」と、「ロイヤルガーデンカフェ青山」のコラボカフェ「kiri cafe/キリ カフェ」がオープンする。

kiri cafe
kiri cafe

2016年にも期間限定でオープンして好評を得た「kiri cafe」。2017年は、「とびっキリのごほうび時間」をコンセプトに、「kiri」の世界観をイメージした可愛らしい装飾を施した店内で、「kiri」をたっぷりと使用したオリジナルフードメニューやスイーツを提供する。

kiri cafe

中でも注目の一品は、今年も国内外のスイーツコンテストで数々の名誉ある賞を受賞している「パティシエ エス コヤマ」オーナーシェフの小山進によるオリジナルのスイーツプレート。2016年は、開店直後に完売となるほどの大人気だったこのスイーツプレートを、「素材との相性」をテーマに、和の素材やトロピカルフルーツなど、「kiri」と新しい素材との組み合わせを追求してリニューアル。「キリ クリームチーズ」のミルキーでコクのあるクリームが決めての「kiri ロール」や、ほろ苦い宇治抹茶とクリームチーズの絶妙なマリアージュが楽しめる「小山チーズ 宇治抹茶」、「キリ クリームチーズ」とホワイトチョコレートを合わせたガナッシュにイチゴのジュレをサンドした「イチゴとkiri のマカロン」など、全5種のスイーツを同時に味わえる。

es koyama プレート「kiri No.5 2017」/2,000円 ※1日限定150セット
es koyama プレート「kiri No.5 2017」/2,000円 ※1日限定150セット

フードメニューも、スパゲッティ、チキンのグリル、カボチャのポタージュなど、素材の良さをより引き立てられる調理法やマリアージュで「キリ クリームチーズ」の風味や味わいを活かした様々なメニューが用意されている。

kiri ダール・カレーディッフ゜ 旬野菜のロースト パピヨット包み/1,400円
kiri ダール・カレーディッフ゜ 旬野菜のロースト パピヨット包み/1,400円

カボチャのポタージュ kiri クリームチーズと共に/600円
カボチャのポタージュ kiri クリームチーズと共に/600円

スパイシーチキンのグリル kiri ハーブ&ガーリックのケール包み/平日ランチ 1,600円、週末ランチ 2,400円
スパイシーチキンのグリル kiri ハーブ&ガーリックのケール包み/平日ランチ 1,600円、週末ランチ 2,400円

スパゲティ 季節野菜とサーモントラウトのkiri クリームチーズ トマト風味/1,200円
スパゲティ 季節野菜とサーモントラウトのkiri クリームチーズ トマト風味/1,200円

ポークグリルと彩り野菜のベッコフ ココット盛り/1,600円
ポークグリルと彩り野菜のベッコフ ココット盛り/1,600円

彩り野菜のスティック、ポテトケーキ、スモークサーモン、kiri クリームチーズ添え 1,700円
彩り野菜のスティック、ポテトケーキ、スモークサーモン、kiri クリームチーズ添え 1,700円

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop