top

2016 Sep. 23

キーワードはバラの香り

「MOLTON BROWN/モルトン ブラウン」は、英国のライフスタイルブランド。ブランドは1973年に、ロンドンのメイフェア地区に位置するサウスモルトン・ストリートでヘアサロンとして誕生した。

MOLTON BROWN

ブランド名の由来は、ストリート名「サウスモルトン」とヘアサロンの創設者が設立した「ブラウンズ・ブディック」に由来して名付けられた。

豊かなアロマ、スタイリッシュなパッケージ、豊富なライナップで、上質なライフスタイルを提案し、メイド・イン・イングランドにこだわり続けており、世界中で採取した成分を、ホームであるイングランドでブレンドしている。

MOLTON BROWN

なお、2013年にエリザベス女王陛下より「Royal Warrant/英国王室御用達指定証」を授与されている。そんな、英国王室ご用達ブランド「MOLTON BROWN」の「ローザ コレクション」が9月21日より発売された。

MOLTON BROWN

「ローザ コレクション」は、ブランド初のバラの香りで、深紅のバラに秘められた「美しさ」「情熱」「秘密」をフレグランスで表現。英国王室御用達ブランドの証である「Royal Arms」があしらわれ、ラグジュアリー感溢れるパッケージにも注目。

MOLTON BROWN

ブラックカラントやラズベリーなどのフルーティなトップノートから始まり、次にローズアブソリュートとバイオレットリーフの華やかな香りに包まれる。ベースノートはムスクが深みを与え、ドラマティックで情熱的な色香を放つ女性を演出する。

アイテムは、シャワージェル、ボディローション、オードトワレを展開。バスタイムから外出時まで、芳醇なバラの香りに包まれて過ごしてみるのもシャレている。

MOLTON BROWN

ローザ コレクション
・ローザ バス&シャワージェル 300ml 3,600円+税
・ローザ ボディローション 300ml 5,400円+税
・ローザ オードトワレ 50ml 9,000円+税

また、バラの香りは、「L'OCCITANE/ロクシタン」からも「ロクシタンローズ」シリーズより「ローズオリジネル」が先月末に登場。

L'OCCITANE

「ローズオリジネル」のベースになっているのは、世界中のローズの原種の1つ「ロサガリカ」で、その華麗なローズの香りに、爽やかさと甘美なスミレをブレンド。上品で甘い芳香の中に、フレッシュさがそっと寄り添う感じが奥ゆかしい。「ローズオリジネル」は、つける人によって、香りが様々に変化するのも魅力である。

L'OCCITANE

販売されているアイテムは、オードトワレ、シャワージェル、ボディミルク、ハンドバームの4種類。やわらかく豊かな泡が立つシャワージェルは、肌を優しく洗い上げ、流した後もほんのりとローズが香る。ハンドバームは肌を瑞々しく保ち、そして、ハンドバームはネイルケアや外出先でも活躍する。バスタイムから出掛ける時まで、上質なローズの香りが日常を彩ってくれること間違いない。

L'OCCITANE

・ローズオリジネル オードトワレ 75mL 5,900円+税
・ローズオリジネル シャワージェル 250mL 2,800円+税
・ローズオリジネル シルキーボディミルク 250mL 3,600円+税
・ローズオリジネル ハンドバーム 30mL 1,400円+税

さらに、「BVLGARI/ブルガリ」からも新しいローズの香りが登場した。太陽の女神、クレオパトラが放つ輝きをインスピレーションの源にして生まれた「ローズ ゴルデア」は、色と香りで表現されたローズと、蛇の誘惑的な魅力という彼女を象徴する2つの要素を組み合わせ、繊細さと力強さが融合したフレグランス。

BVLGARI

ボトルの首元には「BVLGARI」の「セルペンティ」をイメージしたモチーフを配し、高貴な香りをビジュアルでも表現している。

ザクロとローズペタル、フルーティ ムスクの生き生きとした煌めきや華やかさを感じさせる香りに始まり、高貴なダマスクローズとジャスミンの壮麗で神秘的なノートへとつながる。そして、香りが落ち着き、終わりを迎える頃には、センシュアル ムスクやサンダルウッドなど快さのある魅惑的な組み合わせへと移り変わり、まさに古代から現代へと続く永遠の美しさを想起させてくれるようだ。

BVLGARI

バラの中でも最高級のダマスクローズの繊細な香りを引き立てる、透明感のあるムスク。あらゆる要素の組み合わせによって、ナチュラルでフレッシュ、そして、モダンでフェミニンなフレグランスに仕上がっている。

・オードパルファム 25mL(ジュエル・チャーム) 6,800円+税、50mL 12,800円+税、90mL 17,700円+税
・バス&シャワージェル 200mL 5,700円+税
・ボディミルク 200mL 6,400円+税

また、「ブルガリ イル・チョコラート」からは、新作フレグランスからインスパイアされた期間限定のチョコレート「ローズ ゴルデア」が、先月末から発売されている。

BVLGARI

チョコレートは、フレグランスの3つの重要な香りの要素である「ローズ」「ザクロ」「ジャスミン」をそのまま閉じ込め、口に含むとローズとジャスミンがバランスよく香り立ち、ザクロの甘酸っぱさがアクセントとなり、繊細なフレーバーが楽しめる一品となっている。価格は、1,000円(税込)。

余談ながら、「CHANEL/シャネル」のアイコニック香水「N°5」から新しく生まれた香りが新登場。「シャネル N°5 ロー オードゥ トワレット」が9月23日より発売される。

CHANEL

1921年、まるでコードネームのようなアイコニックな名を冠した香りがフレグランスの新しい時代の扉を開いた。それが、「CHANEL N°5」である。抽象的で、永遠の謎を秘めた「N°5」は、単なるフレグランスではなく、究極の女性らしさを具現化し、洗練を極めた最高傑作として、時を超えて引き継がれている香りの伝説といえる。

CHANEL N°5

「CHANEL」が初めて世に送り出したフレグランスである「N°5」は、シャネルの歴代の専属調香師たちにインスピレーションを与え続け、そして、2016年に専属調香師をつとめるオリヴィエ・ポルジュが、時代の本質をとらえ「CHANEL N°5 ロー オードゥ トワレット」を発表した。

CHANEL

「CHANEL N°5 ロー オードゥ トワレット」は、爽やかなシトラスの中に、まるで黄金に輝くハチミツのようなコクのある甘さを感じさせる。レモン、マンダリン、そして、オレンジのフレッシュなノートが肌の上に広がり、ローズがジャスミンとモダンで新しいイランイランのほのかな香りと溶け合う。

やがて訪れるのは、ふわりとやわらかなムスキー ノートとともに響きわたるヴェチヴァーとセダーのハーモニー。

かつてないほどナチュラルでフレッシュな「N°5」の誕生である。

CHANEL

「N°5 ロー」は、オーデ・コロンではなく、もちろん、既存の「N°5」を単に軽くしたものでもない。「N°5 ロー」は、現代の「N°5」であり、モダニティを前面に、爽やかさを中心に据えた香りのコンポジション。「ロー」とはフランス語で「水」を意味し、私たちに欠かすことのできない存在であり、シンプリシティの象徴である。

角を落としたガラスボトルのシルエットは、「CHANEL」というメゾンとモダンな香りの世界を想起させる。この香りをまとうことを選んだ女性のイマジネーションを自由に解き放つ、究極のエレガンスフレグランスの誕生である。

CHANEL

価格は、50mL 1万2960円、100mL 1万8360円。なお、35mL 9720円が一部店舗で数量限定で発売予定。

「N°5 ロー」のミューズとして、ご存じジョニー・デップの娘であるリリー=ローズ・デップが起用された。新しい時代のシンボルとして、今最も注目を集めている彼女が出演する「N°5 ロー」のヨハン・レンク監督によるキャンペーンフィルムは、2016年秋に公開予定。

CHANEL

また、「シャネル N°5 ロー」の発売を記念して、特別イベントも開催予定。「N°5 ロー」の世界観に彩られた空間で、新しい香りを体験できる。関西地区では、10月15日と16日に「神戸ハーバーランドUMIE」西入口前、そして、10月15日と16日には「グランフロント大阪」うめきた広場で実施される。

 
N°5 L'EAU: the announcement film
 
N°5 L'EAU: the teaser, be in the know
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop