top

2016 Jun. 10

MOET PARTY DAY

スポーツの表彰式や祝福の場でお馴染みの「シャンパンファイト」。

champagne fight

よく振ったシャンパンボトルを開け、その口から勢いよく空中に吹き出す泡で勝利を祝うこのセレモニーの起源は、1923年からフランスで開催され、世界3大レースに数えられる「24 Heures du Mans/ル・マン24時間耐久レース」の表彰式。

champagne fight

チャンピオンが勝利の歓びの表現として、1743年の創業以来、成功とエレガンスの象徴として愛され続けてきた「モエ・エ・シャンドン」を観衆に浴びせかけたその日が、1967年6月11日。

この瞬間から「モエ・エ・シャンドン」が祝福や歓びの表現に相応しい、情熱や熱狂の証であるセレブレーションリチュアル(儀式)を創り出した。その後、時代を超えて様々な歓びの瞬間を彩り、そして、革新的なセレブレーションスタイルを生み出してきた。

セレブレーションスタイル

余談ながら、1936年の「ヴァンダービルト・モーターレース」において、ゴールしたタツィオ・ヌヴォラーリに「モエ・エ・シャンドン」の「ジェロボアム」が贈られた。その時、彼は歓喜のあまりボトルから直接シャンパンを飲んだ。以来、チャンピオンたちは喜びを表すシンボルとしてこのパフォーマンスを模倣した。そして、「モエ・エ・シャンドン」はモータースポーツでの栄光の舞台に欠かせないシャンパンになった。プロスト、セナ、シューマッハがゴールを駆け抜けるたびに、表彰台では「モエ・エ・シャンドン」のコルクが勢い良く抜かれた。

タツィオ・ヌヴォラーリ

「シャンパンファイト」誕生から50年目を迎える今年、祝福と称賛のシンボルとしてあらゆる喜びの瞬間を創造してきた「モエ・エ・シャンドン」の世界観を思う存分体験できる日として、6月11日を「MOET PARTY DAY」と制定、「モエ・エ・シャンドン」がブランド史上初の試みとして、世界26ヶ国(フランス、日本、英国、香港、カナダ、ブラジルなど)でイベントを同日開催する。

MOET PARTY DAY

「シャンパンの魔法を世界中に」という願いのもと、洗練されたシャンパンを人々に届け、魅了してきた「モエ・エ・シャンドン」。日本で開催される「MOET PARTY DAY TOKYO」は、「モエ・エ・シャンドン」が六本木に魔法をかける1日として、「Mini Moet Brunch/ミニ モエ ブランチ」、「WHITE APERITIF/ホワイト アペリティフ」、「Love Dinner/ラブ ディナー」、「NIGHT CELEBRATION/ナイト セレブレーション」の4つのモーメントで構成され、六本木を舞台に1日限り開催される。

「orange/オランジェ」にて行われる「White Aperitif」では、 「モエ アンペリアル」「アイス アンペリアル」がフリーフロー。当日の夜は、パリの老舗カフェ「カフェ・ド・フロール」のギャルソンとして世界を魅了する山下 哲也がサービスを行う贅沢な時間を過ごすことが可能。定員70名で、1名¥7,000(消費税・サービス料込)。

White Aperitif
「モエ アンペリアル」「アイス アンペリアル」

また、大切な人と魅惑的なディナータイムを過ごせる「Love Dinner」では、コースディナーと共に、「モエ アンペリアル」「ロゼ アンペリアル」が楽しめる。料金は1組2名¥16,000(消費税込)、定員数は20組40名。なお、残念ながらチケットは完売。

Love Dinner
「モエ アンペリアル」「ロゼ アンペリアル」

さらに、六本木の計6店舗で、エネルギッシュな夜を演出するナイトパーティ「Night Celebration」を開催。「ネクター アンペリアル ロゼ(N.I.R)」と共に煌く時間をエンジョイしたい。

ネクター アンペリアル ロゼ(N.I.R)

実施会場
1. V2 TOKYO(ヴィースクエアトウキョウ)
東京都港区六本木5-5-1ロアビル13F
V2 TOKYO

2. alife/エーライフ
東京都港区西麻布1-7-2
alife

3. ColoR. TOKYO NIGHT CAFE/カラー トウキョウ ナイト カフェ
東京都港区六本木5-10-25 EX けやき坂ビルR棟1F
ColoR. TOKYO NIGHT CAFE

4. ESPRIT TOKYO/エスプリ トウキョウ
東京都港区六本木5-1-6 六本木B&Vビル 2F・3F
ESPRIT TOKYO

5. LEX TOKYO RED CARPET/レックス トウキョウレッドカーペット
東京都港区六本木5-5-1 ロアビルB1
LEX TOKYO RED CARPET

6. CLUB SIX TOKYO/クラブ シックス トウキョウ
東京都港区六本木5-5-1 ロアビル 2F
CLUB SIX TOKYO

そして、1日を通して、「タワーズ」「ひのきざか」「アジュール フォーティーファイブ」「ザ・ロビー ラウンジ&バー」で、「モエ アンペリアル」や「グラン ヴィンテージ ロゼ 2006」のグラス やボトルが提供される「Mini Moet Brunch」。

Mini Moet Brunch

なお、当日は「モエ・エ・シャンドン」のデザインがラッピングされた「MOET BUS/モエバス」が六本木エリアを周回し、ゲストをイベント会場まで運んでくれるサービスが実施される。チョイとシャレオツなサービスである。

MOET BUS
MOET BUS

「モエ・エ・シャンドン」では、2015年11月より新たなブランドコンセプト「THE NOW」を掲げた広告キャンペーンをグローバルで展開中。「THE NOW」には「今この瞬間を共に分かち合い、新しい時代を切り開いていこう」というメッセージが込められており、ミレニアル世代を含む一瞬一瞬を自分らしく楽しむすべての人々へ、誕生日やクリスマスなどの記念日やイベントだけでなく、友人や家族、恋人など大切な人たちと過ごすかけがえのない体験、「MOET MOMENT」であることを伝えている。

そして、2016年6月11日、「THE NOW」のブランドメッセージを最も象徴的に体験できる場として創り出したのが「MOET PARTY DAY TOKYO」である。「MOET PARTY DAY TOKYO」を通じ、「大切な人との特別な瞬間」を華やかに演出する。

MOET PARTY DAY TOKYO

モエ・エ・シャンドンは、祝福と称賛のシンボルであり、華やかでラグジュアリーといったシャンパンのイメージそのものを創造し、人々に定着させてきた。高い品質と豊かな泡立ち、美しく芳醇な味わいで時代を超え、様々なシーンを彩り続ける「モエ・エ・シャンドン」は270年にも及ぶ伝統を重んじながら、技術革新を牽引し、未来へと続く持続可能なシャンパン造りを続ける。

ただ、一生に1度は「シャンパンファイト」を経験したいものである。

シャンパンファイト

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop