top

2016 Apr. 25

スヌーピーファンの聖地

アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画「ピーナッツ」に登場するビーグル犬の「スヌーピー」は、作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬。そして、世界で一番有名なワンコである。

スヌーピー

その愛らしさから日本でも人気が高く、日本においては「スヌーピー」という名前自体が漫画「ピーナッツ」を指す代名詞となっている。

ピーナッツ

「スヌーピー」が「ピーナッツ」に初登場したのは、1950年10月4日のこと。連載当初は普通のビーグル犬だったが、回が進むごとに知的になっていった。1952年5月には、頭の中で考えていることが吹き出しのセリフとして描かれるようになり、1957年6月には直立二足歩行ができるようになった。

スヌーピー
スヌーピー

そして、ついには著作活動を始め、弁護士や医者、果ては戦闘機の操縦士といった変装をするように成長?していった。

スヌーピー

そんな「スヌーピー」ファンの聖地といえる「スヌーピーミュージアム」が、4月23日に東京の六本木に開館した。

スヌーピーミュージアム

2002年にオープンしたカリフォルニア州サンタローザにある「チャールズ M. シュルツ美術館」の世界初のサテライト(分館)となる「スヌーピーミュージアム」では、スヌーピーたちが活躍するコミック「ピーナッツ」の原画をはじめ、作者チャールズ M. シュルツの初期の作品、貴重なヴィンテージグッズや資料等を半年毎に入れ替えて紹介する。

スヌーピーミュージアム
スヌーピーミュージアム
スヌーピーミュージアム
スヌーピーミュージアム
スヌーピーミュージアム
カリフォルニア州サンタローザにある「チャールズ M. シュルツ美術館」
カリフォルニア州サンタローザにある「チャールズ M. シュルツ美術館」

ミュージアムの敷地を入ってすぐ、5体の「ウェルカムスヌーピー」が出迎えてくれる。四つ足で駆け回る小さな犬だった頃や、最高の喜びを表したハッピーダンスをする姿、そして、サングラスとトレーナーで70年代の若者に扮した姿にも注目したい。

スヌーピーミュージアム

館内では4月23日から9月25日まで、オープン記念展「愛しのピーナッツ」を限定開催。最大の見どころは作者のチャールズ M. シュルツの夫人ジーン・シュルツが愛した原画の数々。例えば、1985年のバレンタインデーに夫から送られたプレゼントは、モノクロームの画面に彩色を施し、赤いハートとメッセージを添えたもの。この特別な「ピーナッツ」原画は世界で初めて公開される。

愛しのピーナッツ
愛しのピーナッツ

さらに、各界の熱心なファンがそれぞれの「ピーナッツ愛」を披露する特別展示にも注目。谷川俊太郎や吉本ばなな、前田敦子などがお気に入りのピーナッツについて、映像や秘蔵のアイテムを披露。

前田敦子

その他、「ピーナッツ」以前に描かれた初期のコミック「リル・フォークス」の原画や、レアなヴィンテージグッズなど約150点を展示する。また、作者が影響を受けたコミックも登場するので、彼のルーツを感じることができるかも知れない。

館内を堪能したら、限定オリジナルグッズが販売される併設のミュージアムショップ「BROWN'S STORE/ブラウンズストア」も探索したい。ぬいぐるみからステーショナリー、雑貨、食品まで幅広いジャンルのオリジナルグッズを500点以上取り揃える。

BROWN'S STORE
BROWN'S STORE
BROWN'S STORE

その中でも今回初のコラボが実現したブランドが多数登場するので要チェック。

■Kalita/カリタ
Kalita/カリタ
コーヒー器具メーカーの老舗からは「カリタ式」と呼ばれる独自の三つ穴構造ドリッパーやマグカップが登場。コーヒーを飲んでいるスヌーピーが描かれている。

■中川政七商店
中川政七商店
1716年創業奈良の老舗であり、誰もが親しめる手績み手織りの麻織商品をつくるブランド。使えば使うほど愛着が増す、Motta リネンハンカチや蚊帳生地のふきんが登場。

■奇譚クラブ(きたんくらぶ)
奇譚クラブ(きたんくらぶ)
大ヒットの「コップのフチ子」など、 個性的でハイクオリティな商品を次々と生み出すトイメーカーからは、 ヴィンテージフォルムの変身スヌーピーをモチーフにしたガチャガチャが登場。全5種類で、そのキュートさに思わずオトナ買いしたくなるアイテムだ。

■AHKAH/アーカー
AHKAH/アーカー
福王寺朱美が設立した日本のジュエリーブランド「AHKAH/アーカー」からは、スヌーピーをモチーフにしたアクセサリーが登場。パヴェダイヤのネックレス、 コードブレスレットなどを発売する。

ちなみに、宝石商の家に生まれた福王寺は、ロサンゼルスで宝石鑑定士の資格を取得。宝石科学研究所の鑑定部長を務める。そして、結婚した相手が画家であることを機に、美術の世界へにも関わりを持つ。その後、1997年に「AHKAH」を設立。口コミで人気が広がり、セレクトショップを中心に取り扱い店舗が増え、2005年には渋谷に日本家屋を改装した路面店の神南本店をオープン。

AHKAH/アーカー

2006年に表参道ヒルズ店オープン、そして、2008年にはうめだ阪急店に「AHKAH」の直営店をオープンさせている。

他にも「ル・クルーゼ」「KUTANI SEAL/クタニシール」「河合楽器製作所」「まめぐい」などとコラボしたアイテムを多数展開。館内のショップもミュージアムの新たな見どころになりそうだ。

ル・クルーゼ
ル・クルーゼ

KUTANI SEAL/クタニシール
KUTANI SEAL/クタニシール

河合楽器製作所
河合楽器製作所

まめぐい
まめぐい

さらに、西海岸テイストたっぷりのカフェでは「ピーナッツ」にちなんだスペシャルメニューとして、ハンバーガーセット「スヌーピーディッシュ」やミルクシェーク「マイ・スウィート・バブー」などが提供される。

ピーナッツ」にちなんだスペシャルメニュー
ピーナッツ」にちなんだスペシャルメニュー
ピーナッツ」にちなんだスペシャルメニュー
ピーナッツ」にちなんだスペシャルメニュー

「スヌーピー」人気は不滅である。

「スヌーピー」人気は不滅である。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop