top

2014.Sep 28

モード オブ バービー展

1959年、ニューヨークのトイ・フェアでデビューし、半世紀以上経った今でも愛され続けるファッションドールのバービー。そごう神戸店では9月30日から10月6日の期間、バービーの生誕55週年を記念して、関西初上陸となる「モード オブ バービー展」が開催される。

関西初上陸となる「モード オブ バービー展」

展覧会は、バービーのコレクターとして世界的に有名な関口泰宏氏のコレクションより、デビュー初期から現在までの歴代のバービーを展示、当時のファッション雑誌、デザイン画等の展示でファッションの歴史を紐解いている。

デザイン画
デザイン画

中でも見どころは、グローバルデザイナーズによる展示。「ラルフ ローレン」や「ジョルジオ アルマーニ」、「ジューシークチュール」や「クリスチャン ルブタン」など、憧れのブランドのドレスやシューズなどがバービーサイズで再現される。

グローバルデザイナーズによる展示

さらに、神戸ファッションウィークとコラボで、「もし」バービーが神戸の企業で働いていたらをコンセプトに、神戸ポートピアホテルや近畿タクシーなど企業6社の制服を着用したバービーや、アレックス、チェストなどヘアサロン4社によるヘア&メイクバービーも展示される。そして、会場に展示されるのは、神戸ファッションウィークとのコラボバービーなどの他に、約550体にも及んでいる。

神戸ファッションウィークとコラボ

その他、等身大バービーと記念撮影ができるフォトスポットや、展覧会限定アイテムを販売するバービーマーケットもオープン。展覧会限定のオリジナルグッズや、西武・そごう限定ドールが100体限定で発売される。

記念撮影ができるフォトスポット
西武・そごう限定ドール 2,700円(税込)
西武・そごう限定ドール 2,700円(税込)

余談ながら、バービーは、マテル社の創業者であるポーランド系ユダヤ人のルース・ハンドラーがスイスへ旅行へ行った際に、娘のバーバラへの土産に購入したセクシードール「リリ(Lilli)」が元になっている。そのため、極端なプロポーションを持っているのが特徴。なお、バービーの本名はバーバラ・ミリセント・ロバーツで、17歳のファッションモデル。スキッパー、ステイシー、ケリーの姉妹がおり、ボーイフレンドはケンという。

一方、40周年を迎えるハローキティがテディベアの着ぐるみを被って登場。ハローキティの誕生日である11月1日に、日本国内限定で750体発売される。10月1日より店頭及びサンリオオンラインショップで予約が開始。

ヌイグルミを作っているのは、1880年創業の「シュタイフ社」。世界で初めてテディベアを作った、歴史的トップブランドである。ちなみに、ヌイグルミはドイツの職人の手作業で一体ごとに丁寧に作られている。

ハローキティがテディベアの着ぐるみを被って登場

素材はアンゴラ山羊のモヘアが使用され、また、「シュタイフ社」製の証明である「ボタン・イン・イヤー」と「シュタイフタグ」が付き、タグには品番の他、生産年度、シリアルナンバーが表示されている。そして、気になるお値段は税込43,200円也。なお、予約は1人1個限りとなっている。

 
※ユニークなグルメ情報「軽妙洒脱」のフェイスブックファンサイト。「いいね」をよろしく!

 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop