top
2014.Sep 16
エス・テー・デュポン

心地良い「キーン」という開閉音でお馴染みのデュポンのライター。「S.T. Dupont(エス・テー・デュポン)」は、もちろんライターで有名だが高級万年筆や宝飾品メーカーでもある。

S.T. Dupont

「エス・テー・デュポン」は、1872年にフランスでシモン・ティソ・デュポンによって設立された。当初、シモンは職人を雇い高級皮革製品の工房を構え、高級官僚向けにイニシャルを刻印した折りたたみ式の札入れや「モロッコ革」のアタッシュケースなどを主に製作。ほどなく、デュポンはルーブル百貨店の正式納入メーカーとなった。

20世紀初め、シモンの息子であるアンドレ・デュポンとルシアン・デュポンの兄弟は、1点物の旅行用鞄を製造。豪華でオリジナリティにあふれた鞄は世界中の上流階級に支持された。また、1935年頃から現在でも有名な金属部分に純正漆を施した製品を販売し始めた。

第二次世界大戦の開戦により原材料の入手が困難となり、トラベルケースの注文を受けることが出来なくなったため、アンドレ・デュポンはパティアラのマハラジャのトラベルケース内に含まれていたライターに着目し、1941年には金細工師としての経験を取り入れ、最初のポケット・オイルライターを発明した。

1952年には、特許を取得した炎を調節できるガスライターを発表、爆発的な成功を収めた。このライン1モデルは、現在まで多くのバリエーションが製造され、ベストセラーを続けている。1960年代は、ライターは所有者のステータスや趣味の良さを表す象徴のアイテムとなった。まさに「デュポン」のライターは、成功者や先駆者のしるしでもあり、これによって「デュポン」はフランスのラグジュアリー市場で確固たる地位を築いた。

デュポン」はフランスのラグジュアリー市場で確固たる地位を築いた

この夏、1872年からの歴史を有する「エス・テー・デュポン」は、ブランドのアイコンである「D」の紋章を施した「BLAZON(ブラゾン=紋章)コレクション」を通して、4つの騎士道「EXCELLENCE(最高級)」「NOBILTY(高貴さ)」「PRIDE(プライド)」「LOYALTY(忠実さ)」を商品のデザインに落とし込んだ。

BLAZON(ブラゾン=紋章)コレクション

真の「デュポン」のエンブレムであり、強い個性を表すイニシャルによって、伝統を継承し、ブランドの遺産であるアイデンティティを想起させる品々。「ブラゾン・コレクション」は、豊かな歴史を土台に、類い稀で貴重な素材と職人のノウハウにより、ラグジュアリーブランドを体現。素材の美しさは職人たちによって昇華され、時間を超越する。

「デュポン」では、各製作過程で細心の注意を払い、微細なディテールまで完璧さを求めて製作。1つのライター、1つの筆記具、1つのレザーグッズが完成するまで、100以上の作業、200回にも及ぶ品質検査が必要となる。高度な技術、最高級素材の組み合わせによって、アート オブ トラベリング、アート オブ ファイヤー、アート オブ ライティングが見事に実現されている。時間に制限されず、唯一無二の製品を最高のものとすることこそ大切と考える。

アート オブ ライティング

そして、この類い稀な特徴を維持するため、「デュポン」は貴重な素材と革新的な素材を組み合わせる。厳選した純正漆は、東洋の伝統に最大限の敬意を表しながら加工。バッグには厳選した最高級の皮革を用い、ダイアモンドパウダーで古色を出したり仕上げを施し、ゴールド、パラディウム、ブロンズ、純正漆がメゾンのアイコンであるコレクションを彩る。コレクションは流行に流されない特別な美的コンセプトであり、クラシックなものとモダンなものが交わり、「デュポン」特有のラグジュアリーが生まれる。

クラシックなものとモダンなものが交わり、「デュポン」特有のラグジュアリーが生まれる

先代の職人たちの積み上げてきた経験は、かけがえのないもので、最高級素材のみを用い、熟練工のみが繊細な加工を施す。漆塗りのマスターは純正漆を完璧に表現。その職に熟達し、忍耐強く正確でなければならない。また、トランク作りのマスターは手作業で正確に革をなめし、切り、染め、作り上げる。そして、金銀細工のマスターは正確にギヨシェ彫りを施し、磨き、ペン先の細部を彫り、ペンを昇華させる。コレクションには「デュポン」の高品質を追求する仕事への愛情、職人の誇りが表れている。

世界限定数で受注生産のライター「ブラゾン by クリル」は、フランス人彫刻マスター、フレデリック・クリル氏とのパートナーシップにより、100パーセントハンドメイドの彫刻が施された逸品。このコレクションには、プレステージとプレミアムの2つのコレクションがあり、それぞれイエローゴールド、ピンクゴールド、パラディウムフィニッシュの3種類の素材がラインナップされている。

ブラゾン by クリル
ブラゾン by クリル

そして、今までに「デュポン」は、ナポレオン3世や皇后ウジェニーなど多くの歴史上の著名人に愛用され、そして、ハンフリー・ボガードやオードリー・ヘップバーンなどの世界の名優、デザイナー、さらに、漫画「ONE PIECE」の作者である尾田栄一郎氏とのコラボなどを発表してきたが、日本人ミュージシャンとの初コラボライター「E.YAZAWA×S.T. Dupont」が登場。

E.YAZAWA×S.T. Dupont

これは、矢沢永吉65歳の誕生日(9月14日)を記念して特別に製作されたライターで、11月中旬に発売予定。発表された「Eikichi Yazawa × S.T. Dupontライター(EY 65th anniversary)」は、すべて手作業で製作。

E.YAZAWA×S.T. Dupont

純正黒漆とパラディウム仕上げで、前面には矢沢永吉氏のシンボルマークである「Z」、サイドには「65th anniversary Eikichi Yazawa」と刻印が入り、シリアルナンバー及び矢沢永吉のサインが刻印されたプレートが埋め込まれたプレミアムボックスに収納されている。ちなみに、価格は19万4400円。

「Eikichi Yazawa × S.T. Dupontライター(EY 65th anniversary)」は、すべて手作業で製作

禁煙者にも喫煙者にもちょっと気になるライターであることは間違いない。

 
※ユニークなグルメ情報「軽妙洒脱」のフェイスブックファンサイト。「いいね」をよろしく!

 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop