top

2014.Oct 29

百寿のライオン

三越のシンボルであるライオン像は、1914年に本店玄関に設置された。そして、100年間、戦火を逃れ、現在も日本橋本店正面玄関に鎮座している。

三越のシンボルであるライオン像

ロンドンのトラファルガー広場にあるホレーショ・ネルソン提督像を囲むライオン像がモデルとされ、英国の彫刻家メリフィールドが型どり、バルトンが鋳造した青銅製のライオン像。

ロンドンのトラファルガー広場にあるホレーショ・ネルソン提督像を囲むライオン像

設置100年を記念して、日本橋三越では10月22日から11月4日の期間、ライオンにちなんだ商品の販売やイベントが開催されている。

会期初日には、同店本館1階中央ホールにおいて、三越ライオン像100歳を祝うバースデーセレモニーが行われ、会場には約1.5mのバースデーケーキが登場。

約1.5mのバースデーケーキが登場

また、ライオン100歳を祝う記念童話も出版された。「魔女の宅急便」で知られる絵本・童話作家の角野栄子が「ヨコちゃんとライオン」を上梓。彼女が作り出すファンタジーの世界に、人気イラストレーターの網中いづるがイラストを添えた。ちなみに、買い物に来た女の子ヨコちゃんとライオンとの間に描かれる、切ないけれど心温まるストーリー。

絵本・童話作家の角野栄子
ヨコちゃんとライオン

6階の宝石サロンでは、ゴールドで製作された有翼の獅子「K24羽根付ライオン」を販売。風格ある佇まいは美術品としても魅力あふれる逸品と評判。価格は320万円。

K24羽根付ライオン

また、6階美術工芸サロンでは、若手陶芸家の長瀬渉がライオンの陶ブローチ兼帯留めを5種類用意し、何とガチャガチャで販売する。9,261円と、価格としてはそう高価ではないが、ガチャガチャとしてはトップクラスの価格であることは間違いない。

長瀬渉がライオンの陶ブローチ兼帯留めを5種類用意
ガチャガチャで販売
長瀬渉による「招きライオン」
長瀬渉による「招きライオン」

そして、日本橋三越では食品フロアが誕生して今年で100年という節目の年でもあり、これを記念してライオンをモチーフとした和洋菓子も販売される。「彩果の宝石」の洋菓子獅子缶はライオン像を模った、マスカット味のジューシーなゼリーと人気のフルーツゼリーの詰め合わせ。「文明堂 日本橋」のスマイルライオンカステラは、愛らしいスマイルライオンが描かれ、子供から大人まで楽しめる。

余談ながら、本館4階の乗馬サロン「ピアッフェ(PIAFFER)」の10周年を記念し、10月27日に同店初となる「乗馬ウエア」のファッションショーが開催された。

乗馬ウエア」のファッションショーが開催
乗馬ウエア」のファッションショーが開催

「ピアッフェ」は、日本で唯一の乗馬サロンとして、2004年10月に日本橋三越本館4階にオープン。ファッション性の高い乗馬ブランドのファッションアイテムはもちろん、機能性の高い乗馬用品、馬や馬具をモチーフにしたジュエリー、絵画、工芸品、ギフトグッズまで取り揃え、乗馬愛好者はもちろんのこと、馬が好きなユーザーにも支持され、馬具ショップを超えたサロンとして人気がある。

今回のショーでは、イタリアの乗馬ウエアブランド「カバレリア トスカーナ(Cavalleroa Toscana)」を中心に、「アンタレス(Antares)」「ギベール・パリ(GUIBERT Paris)」「デニーロ(DeNiro)」など、乗馬のエッセンスを取り入れたタウンウェアとしても利用できるエレガントな乗馬スタイルが紹介された。

乗馬ウエア」のファッションショーが開催

「カバレリア トスカーナ」は、3人の騎士「Cavalier(騎士)」によって創業、ブランドロゴは馬蹄やハミといった馬具がイメージ。ファッショナブルで独創的なデザインは、業界のリーダー的存在。また、2000年に誕生した「アンタレス」は、ライダー1人1人の特注で作られるオーダーヘルメットで世界中のライダーから支持されている。そして、「デニーロ」は、イタリアの靴のヒール部分にあたる「レッチェ(Lecce)」という街から誕生、その場所柄通り、愛好者が多いブーツのトップブランドに君臨する。

なお、乗馬ファッションイベントに関連し、JRA60周年記念記念展示として「馬と歌舞伎イベント」を7階「Hajimarino cafe/はじまりのカフェ」、3・4階「イベントスペース」で11月4日まで開催する。

馬と歌舞伎イベント

馬事文化財団の貴重な所蔵品を始め、「心に残る名馬たち」のドラマを映像と併せて、市川海老蔵が紹介。歌舞伎展示会場では、作品に登場する「歌舞伎の馬」と「歌舞伎十八番」の衣装が展示される。

再開発が進み、日々進化を遂げている日本橋。日本橋三越に居を構えるライオン像も、そのめまぐるしい100年の変化を楽しんでいること間違いない。

 
※ユニークなグルメ情報「軽妙洒脱」のフェイスブックファンサイト。「いいね」をよろしく!

 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop