top
2014.jun. 16
アニー・リーボヴィッツ

先日、ある写真集が販売され、ちょっとした話題になった。その写真集とは世界で最も有名な女性写真家のアニー・リーボヴィッツ作品集。

アニー・リーボヴィッツ作品集

彼女は、1970年代に「ローリング・ストーン」誌でキャリアをスタート。多くのミュージシャンやドキュメンタリーを撮影し、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの抱き合う写真は、その撮影の数時間後に他界したジョンを撮ったものとして、「ローリング・ストー」ン誌のジョン・レノン追悼号の表紙を飾った。

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの抱き合う写真

後に「Vanity Fair、Vogue」誌でも写真を発表する世界で最も有名な女性写真家となる。ちなみに、1991年にデミ・ムーアの妊婦姿のヌードが表紙を飾り、巷ではちょっとした論争が起こった。

デミ・ムーアの妊婦姿のヌード

セレブのポートレートを数多く手がけ、多くのスターが彼女との仕事を熱望する。彼女の写真には一目見てアニー・リーボヴィッツの作品とわかるほど唯一無二のスタイルを持っている。

2007年にはアメリカのTV番組「American Masters」で、写真家アニー・リーボヴィッツの人生を描いたドキュメンタリー「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生( 原題:Annie Leibovitz: Life Through a Lens )」が放映され話題を呼んだ。なお、監督はアニー・リーボヴィッツの妹であるバーバラ・リーボヴィッツ。

アニー・リーボヴィッツ

写真家アニー・リーボヴィッツ40年の集大成であるこの写真集は、50×69cm、476ページ、26kgという巨大なもの。「相撲の力士」になぞらえた「SUMO」サイズと呼ばれる大型本で、アニー・リーボヴィッツが大型のサイズでみるべき約250枚の作品を選びだした。

ちなみに、「SUMO」サイズの写真集はドイツの出版社「タッシェン(TASCHEN)」が発刊する大判写真集。2009年に初めて発刊された「ヘルムート・ニュートン(Helmut Newton)」の作品を収録したものは、サイズが 51×71センチ、重さは約29.9キロにもおよび、世界一大きな写真集としてギネスに認定された。その後も、「荒木惟経」「セバスチャン・サルガド(Sebastiao Salgado)」と刊行、その迫力と存在感で世界中のアートファンを驚かせている。

「ヘルムート・ニュートン(Helmut Newton)」の作品を収録

ベネディクト・タッシェン氏が1980年にドイツで創設した「TASCHEN」は、アートブックのリーディングカンパニーとして様々な作品集やアート関連の書籍を20以上の言語で刊行。「革新的で美しいデザインの美術書を大衆的な価格で提供すること」を使命に掲げ、パリやニューヨークなど世界7カ国に出店している12の直営店をはじめ、計90カ国以上へ展開。日本では2011年に銀座の「BALS TOKYO GINZA」に直営店「TASCHEN Store(タッシェン ストア)」がオープン。日本初の「TASCHEN Store」は、建築、アート、クラシック、デザイン、ファッション、ライフスタイル、映画、音楽、ポップカルチャー、写真、セクシー/アダルトの全11ジャンルを網羅する約400タイトルを取り扱っている。

日本初の「TASCHEN Store」
日本初の「TASCHEN Store」
日本初の「TASCHEN Store」

内装デザインは、モダンで環境に配慮したオフィスや店舗内装を得意とするデザイナー北村竜一が担当。「FSC(森林管理協議会)」の認証を受けた杉材や檜材をメインに使用して、木肌や無垢材のまま限りなく薄く加工し、それを和紙と張り合わせた材料などをゴールドに見立てて白と黒で構成されている。中央のラックに詰められた檜のキューブが森の香りを漂わせる。店内奥にはソファでゆっくりくつろげるスペースが設けられ、都会の喧噪を離れてリラックスしてアートに触れるという体験と特別な時間が提供される。

アニー自身のサインの入った9000部限定の写真集には、ブラッド・ピットやレオナルド・ディカプリオ、レディ・ガガなどアメリカのカルチャーを代表する多くのセレブたスターから、エリザべス女王のポートレート、パラマウント映画90周年の集合写真まで、記録的な写真も多数収録されている。

表紙写真は、ウーピー・ゴールドバーグ、キース・ヘリング、デビッド・バーン、パティ・スミスの4人から選ぶ事が出来るほか、51x51cmのプリントつきの1000部限定アートエディションも刊行。

表紙写真は、ウーピー・ゴールドバーグ、キース・ヘリング、デビッド・バーン、パティ・スミスの4人から選ぶ事が出来る

また、この巨大な作品集を鑑賞するために付属する三脚風のブックスタンドは、世界的に著名なプロダクトデザイナーであるマーク・ ニューソンがデザインした。なお、気になる価格は29万1,600円。

これは、もはや本ではない。芸術作品である。

 
軽妙洒脱ファンサイト
※ユニークなグルメ情報「軽妙洒脱」のフェイスブックファンサイト。「いいね」をよろしく!

 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop