top
2014.Apr. 15
グランフロント大阪1周年

梅田に誕生した「参加型のまちづくり」をコンセプトに、オフィス、商業施設、ナレッジキャピタル、ホテル、住宅が集積した大規模複合都市「グランフロント大阪」。早いものでこの4月26日で街びらき1周年を迎える。

大規模複合都市「グランフロント大阪」

そこで、記念イベント「グラン サンクス フェスタ(GRAND THANKS FESTA)」が開催される。メインイベントでは、世界100ヶ国以上で愛され、今年で40周年を迎える「ハローキティ」をアートモチーフとして採用し、モデルの土屋アンナやタレントの坂下千里子、アーティストの田名網敬一、ヘアデザイナーの加茂克也、「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」のデザイナー、山縣良和をはじめとする各界の著名なアーティストが参加する、アートキティ展「アート キティ パレード(Aer Kitty Parade)」を開催。

記念イベント「グラン サンクス フェスタ(GRAND THANKS FESTA)」が開催

関西や大阪を舞台に活躍するアーティストや一般応募者を加えた、全30名のアーティストが想い想いに「感謝」の気持ちを表現する。

また、街の中央に位置する「ナレッジプラザ」では、注目の建築家・谷尻誠によるハローキティをモチーフにした巨大アートが展示される。谷尻誠は、2000年に建築設計事務所「Suppose design office」を設立。現在、穴吹デザイン専門学校非常勤講師や広島女子学院大学客員教授としても活動している。これまで手掛けた住宅は100軒を超えるほか、2010年「ミラノサローネ」のインスタレーション「LUCENTE」、メガネショップ「JINS」、ファッションブランド「HusHusH」などの店舗デザインも数多く手掛ける。昨年は東京駅前の商業施設「KITTE」のクリスマスツリーを企画・デザイン。生木を使った圧倒的な存在感のクリスマスツリーを作り上げ、大きな反響を得た。

谷尻誠

今回、谷尻は「グランフロント大阪」の中央に位置する「ナレッジプラザ」にハローキティをモチーフにした巨大インスタレーションアートを展示。日本のカルチャーの象徴としても認識されているハローキティの「多様性」を約1万1千個の小さなリボンで抽象化したアート作品が、7フロア吹抜けのさまざまなアングルから楽しめるようになっている。

「ナレッジプラザ」にハローキティをモチーフにした巨大インスタレーションアートを展示

また、アーティストたちの感性溢れる「アートキティ」を館内各所に展示するほか、約150のショップ&レストランが展開する「1周年限定商品」や「ノベルティ」、「世界1ためになる、ひまつぶし。」をテーマにした「ナレッジキャピタル」1周年記念イベントなど、さまざまなコンテンツが目白押し。

そして、関西国際空港に「アートキティ」1作品を展示し、海外観光客をお出迎えする。「グランフロント大阪」はアジアとの近接性を活かし、アジアを中心とした海外観光客の誘致や海外機関との連携を推進。この1周年イベントにおいて、新関西国際空港の協力のもと、関西国際空港第1ターミナルビル1階国際線到着フロア中央「関西観光情報センター」前に、タイ出身のマンガ家で日本への留学経験のあるウィスット・ポンニミットによる「アートキティ」が展示される。

ウィスット・ポンニミット

JR大阪駅前に広がる「うめきた広場」では、これまでに「食や伝統文化」「音楽」「アート」「スポーツ」「環境」など幅広い分野のイベントを行ってきた。そして、今回の1周年記念イベントの「アート キティ パレード」の開催に向け、「うめきた広場」は4月15日より「アートキティ」を制作するためのアトリエとして開放される。普段は見る機会の少ないアート作品ができあがるまでの制作過程が観覧できる面白い試みだ。

なお、アーティストによる「アートキティ」を見て楽しむだけでなく、誰でも参加できるオリジナルの「アートキティ」を制作するワークショップも開催される。素焼きのハローキティにアクリル絵の具等を使って想い想いのデザインを描ける催しで、出来上がった作品はそのまま持ち帰れる。けっこう楽しい思い出になるかも知れない。

ちなみに、オープン時から話題となった西日本では初の試みとなった商業施設での深夜4時まで営業という「UMEKITA FLOOR(グランフロント大阪北館6F)」でも、オープン1周年の感謝を込めて、「ヒト・コト・モノのミックス&ボーダレス」がテーマの「1st ANNIVERSARY THANKS! PARTY」が開催される。日時は4月24日の20:00〜24:00。

1st ANNIVERSARY THANKS! PARTY

「UMEKITA FLOOR」が提供するしっちゃかめっちゃかな感謝祭は、終始あちこちで粋なパフォーマンスが行われ、「UMEKITA FLOOR」が1つになるスペシャルナイト。1周年の「1」をキーワードに「One Art(一芸)」と題したライブ・ダンスにシークレットなエンターテナーが登場する予定。また、「参加者も一緒に!」の想いを込めて「Everyone(みんなで!)」楽しめるパフォーマンスも展開、フロア全体で1周年を思い切り楽しむパーティーだ。入場料は、2ドリンク&2フード付で2,000円。全16店舗内及びフロア内共用部席を解放、自由に行き来しながらパーティーに参加できる。

余談ながら、「グランフロント大阪」の誕生から約10ヶ月にあたる今年2月末時点で、来場者延数は4600万人を突破、また、ショップ&レストランの売上高は395億円に達し、初年度目標の400億円突破が確実な状況という。ただ、本当の勝負は2年目からである。


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop