top
2013.Sep. 5
コレクタブルバービー

アルファベット「C」のモノグラム柄のバッグなどが有名な「コーチ(Coach)」は、1941年にニューヨーク、マンハッタンで創業された。社名は「乗り物」を意味しており、馬車の代名詞であったハンガリーの「コーチ (Kocs) 」という都市名からきている。

コーチ(Coach)

創業当初は野球のグローブの革を使用したバッグなどをアメリカ国内で生産する比較的小規模なファミリー企業で、メインターゲットはけっこう高齢の男性であった。

1985年にサラ・リー社に買収され、高齢層向けブランドのイメージが定着していた「コーチ」は、ファッションの方向性を大きくしシフト、デザイン、広告等あらゆる面で若者向けにイメージを一新。「ルイ ヴィトン」や「エルメス」などのブランドほど高価ではないが、しっかりとした造りで、素材も良く、高品質のレザーグッズとして多くの支持を集めた。そして、バッグや財布などの皮革製品メーカーから、総合ファッション企業への発展へと急速に路線変更を行った。

高齢層向けブランドのイメージが定着していた「コーチ」は、ファッションの方向性を大きくしシフト

また、アウトレットを有効に活用し、アウトレットで比較的低価格で製品を販売、その後、製品の良さを実感したユーザーが、旗艦店で購入するフローを作った。このようなトータルの戦略が功を奏してブランドは急成長を果たした。

バブル期の1988年に日本にも初出店。2001年には日本市場を中心に人気のあるキャンバス地のシグニチャー・ラインを発表し、その後のコーチの流れを決定づけた。

シグニチャー・ライン

ちなみに、2003年には渋谷に旗艦店がオープン。このオープニングイベントでは、渋谷に散らばったモデルが、通行人に「follow me(私について来て)」と書いたカードを添えた「花」を渡し、そのモデルについていくと旗艦店のオープニングセレモニーに辿り着くと言うコジャレタ演出。その際、10面の大型ビジョン、街灯フラッグや広告入りのラッピングバスを走らせ、渋谷全体をジャックしたプロモーションは大きな話題となった。

今回、「コーチ」とマテル社の「バービー人形」がコラボ。「コーチ」のアイコニックなアイテムに身を包み、スタイリッシュで都会的な「COACH バービー」が登場する。先日お伝えした2013年9月7日に開催される「FASHION'S NIGHT OUT (FNO)」で、「コーチ」表参道のFNO先行アイテムとして発売される。その後、フラッグシップストアやバービー・コレクター・オフィシャルショップなどで販売されることになっている。

COACH バービー

「バービー人形」は1962年から日本で販売されたが、当初から日本国民の嗜好の違いから販売不振が続き、メイクアップや髪の色、衣装のデザインなどを日本人好みのものに変えるといった涙ぐましい努力が続けられたが、結局は1967年に販売された「リカちゃん人形」に軍配が上がった。日本ではなかなか「バービー人形」の感性が受け入れられなかったようだ。ただ、世界的には大人気で種類も豊富。

子どもを持つ親からは不評だったが、肩から首にかけて彫られたタトゥーが特徴の限定版「タトゥーバービー」や英国ロイヤルウエディングの挙式1周年を記念して制作された「ウイリアム王子とキャサリン妃」モデルの「バービー人形」など、バービーマニアにはたまらないアイテムも数多く存在する。

タトゥーバービー

ちなみに、ウイリアム王子とキャサリン妃の「バービー人形」は、ウェストミンスター寺院で開催された結婚式で、夫妻が着用した衣装をもとに制作されている。ウイリアム王子をイメージして作られたドールは、英国の伝統的な赤い軍服を着用。キャサリン妃のドールは、サラ・バートンが衣装制作を担当したエレガントなホワイトのドレスに加えて、カルティエのティアラや、高級ジュエラー「ロビンソン・ペラム・ジュエラーズ」がデザインしたイヤリングなど、細かなディティールまで忠実に再現されている。また、ブランドとのコラボアイテムも多い。

ウェストミンスター寺院で開催された結婚式で、夫妻が着用した衣装をもとに制作
カルティエのティアラや、高級ジュエラー「ロビンソン・ペラム・ジュエラーズ」がデザインしたイヤリングなど、細かなディティールまで忠実に再現

今回の「バービー人形」は、過去に「クリスチャン ディオール」や「ヴェルサーチ」「ラルフ ローレン」とコラボした時と同様、バービーの中でも大人の女性向けの「コレクタブルバービー」ラインとしてデザインされたもの。単にブランドの洋服を着せるだけではなく髪型やメイクまで細部までこだわり抜かれている。

余談ながら、有名ブランドとのコラボモデルや、映画を題材としたモデルが存在する「コレクタブルバービー」の中には、生産数50,000体以上で通常の小売店で販売されるコレクタブルバービーのレーベル「ピンクレーベル」、生産数25,000体以上50,000体未満の「シルバーレーベル」、生産数25,000体未満で、とくに選ばれた小売店のみで販売される「ゴールドレーベル」、生産数1,000体以下、または、限定1体のドールにつけられるレーベル「プラチナレーベル」が存在する。

コレクタブルバービー

他にも、子供のおもちゃとして通常販売されているピンク色の箱に入っている「ピンクボックス」、シルクストーンと呼ばれる独特な素材を使ったビンテージフェイスの人気シリーズ「ファッションモデルコレクション (F.M.C)」、コレクター達のリクエストや過去のビンテージ期の復刻版などの「ビンテージリプロ」、世界各国の民族衣装や文化を取り上げた「ワールドカルチャー」がある。

ちなみに、「COACH バービー」は世界13,000体/国内850体が制作されるので「ゴールドレーベル」の「バービー人形」ということになる。価格は16,800円。

「COACH バービー」が着用しているのは、ボーダーのカットソー、アイコニックな金具「ターンロック」が特徴的なウルトラスエードのスカート、そして、タッターソールチェックのクラシックなトレンチコート。コーチの世界観がバービーサイズに落とし込まれ、メゾンらしいアメリカンクラシックなスタイルに仕上がっている。

コーチの世界観がバービーサイズに落とし込まれ、メゾンらしいアメリカンクラシックなスタイルに仕上がっている

肩にはバービーサイズで再現された「コーチ」のアイコンバッグ「レガシー ダッフル」。この真っ赤なバッグは、通常のバッグと同じ製造工程を経て、自社工房で1つずつ丁寧に作られるこだわりの品。エレガントさはもちろん、細かいディテールまで再現してみせた。また、サングラスとシューズは、最新コレクションから採用されている。「バービー」マニアはもちろんのこと、「コーチ」ファンにとっても特別な夢のコラボが実現だ。

タッターソールチェックのクラシックなトレンチコート
肩にはバービーサイズで再現された「コーチ」のアイコンバッグ「レガシー ダッフル」
サングラスとシューズは、最新コレクションから採用されている

なお、「FNO」当日には、「コーチ」表参道では「COACH バービー」の先行発売に伴い、先着で素敵なギフトが用意されている。また、フォトブースでの撮影やバービーのボーイフレンド「ケン」をイメージしたモデルによる演出など、その世界観を感じることができる楽しい企画も多数実施される予定だ。

またまた余談ながら、近日、オードリー・ヘップバーンをモデルとした「バービー人形」の販売が予定されている。初めて主役を務めた、代表作とも言える映画「ローマの休日」と、ファンの間でも人気の高い「麗しのサブリナ」でのオードリーの姿が、「バービー人形」となって忠実に再現。

オードリー・ヘップバーンをモデルとした「バービー人形」

多くの男性のハートを射止め、多くの女性が憧れるオードリー・ヘップバーンの「バービー人形」を手にすることで、胸がキュンとすること間違いない。


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop